テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

右京(水谷豊)、24年ぶりの再会!政治家一家を再び襲う、因縁とも言える出来事

2020年、ドラマ誕生から20周年の年を迎える『相棒』。

11月11日(水)に、同作の最新シーズン『相棒season19』第5話「天上の棲家」を放送する。

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、収賄疑惑の渦中にいる衆議院議員の白河達也(湯江タケユキ)から嫌がらせの捜査を頼まれる

白河家は代々政治家を輩出しており、達也の義母・貴代(冨士眞奈美)は24年前の収賄事件を巡り夫を亡くしていた。

その事件の捜査を担当した右京は、貴代と思いもよらぬ再会をはたす

やがて白河家を因縁とも言える出来事が、再び襲う。

◆あらすじ

国有地の払い下げを巡って収賄疑惑の渦中にいる衆議院議員の白河達也(湯江タケユキ)が、自宅の庭にゴミを投げ込まれるという嫌がらせを受ける。中園参事官(小野了)から直々に捜査を命じられた「特命係」の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)はさっそく白河の自宅を訪問。そこで右京は、達也の義母・貴代(冨士眞奈美)と24年ぶりの再会をはたす。

代々政治家を務める白河家――貴代の夫・秀雄は24年前、収賄疑惑をかけられ、その捜査の最中に死去。実はその事件を担当していたのが、右京だったのだ。

いわくつきの2人に亘が驚くなか、貴代の娘で達也の妻である瑞江(池田香織)が公園で男に突き飛ばされ、怪我をしたという報せが。さらに息子の大樹のジャケットのポケットから達也の収賄疑惑を匿名でネタ提供した『告発者X』からの手紙を発見。そこには「本日午後7時までに会見を開き、国民の前で自らの罪を告白しろ」と記されていた。

大樹の拉致未遂事件を調べはじめた捜査一課の伊丹憲一(川原和久)らは、収賄の告発記事を書いたのが法務省から転職した黒崎健太(内田裕也)だと知る。

伊丹からの捜査協力を拒否したものの、ある事件以降、右京をリスペクトする黒崎は右京に連絡をとり、情報交換を提案。その矢先、会見を渋っていた達也がマスコミの前に登場し…。

そして因縁とも言える出来事が再び白河家を襲うことに…!

※番組情報:『相棒 season19』第5話「天上の棲家」
2020年11月11日(水)午後9:00〜9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事