テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ネガティブ過ぎる美女に、ノブコブ吉村が過激ツッコミ!特技披露するも「エロいライブ配信?」

有名人が「いいね」しているのは一体どんな人なのか。SNSの「いいね」の裏側に迫るバラエティ番組いいねの森

11月11日(水)の放送では、NON STYLE・井上裕介のもち込み企画「2021年にバズる美男美女」の後編をお届け。

井上が「救っていただきたい」と切望する超ネガティブグラドルに一同が恐怖(!)する。

今回“ネガティブ美女”として登場したのは、人気グラドルユニット「sherbet」に所属する河路由希子。

153cmと小柄ながら、パワフル&リズミカルなダンスで注目を集めている。

まず彼女のネガティブさが垣間見られたのが、登場シーン。その入り方とよそよそしい挨拶に、平成ノブシコブシ・吉村崇がある“例えツッコミ”を炸裂させ一同の爆笑を誘う。

人気グラドルの仲間入りをはたし、一見順風満帆に見える彼女。しかし、ネガティブゆえにグループ内で悩みがあるという。

その悩みとは、自身のスタイル。彼女は自分の体に自信がなく、水着の写真をアップしないのだとか。実際に彼女のSNSは服を着た写真ばかりがアップされており、“グラビア感”はほぼゼロだ…。

その結果、同じsherbetに所属するグラビアアイドル・橋本梨菜とは、SNSで約58万人のフォロワー格差があると明らかになる。

今回の収録でも、バストを盛っていると明かした河路。青山テルマが「私それぐらいあったらバンバン見せる」とすかさずフォローするが、当の本人は「本当ですか、ふぇ~」とどこか上の空。

逆転の発想で、いっそネガティブキャラを貫くことを提案されるも「明るくはいきたい」とオファーを全否定。吉村からは「プライドあるネガ苦手なんだよ!」とサジを投げられてしまう。

そして、彼女の特技を見ながら救済案を模索していくことに。

すると、“衝撃のモノマネ”や「エロいライブ配信?」と一同が困惑を隠せない“DJプレイ”を披露。河路の特技披露に戦々恐々とするスタジオの面々……はたして、彼女をネガティブから救済することはできたのか?

また、あることで元世界チャンピオンという肩書きをもつ新世代のフリーランス女優も登場!

彼女の奇行の数々に、スタジオは爆笑に包まれる。

※番組情報:『いいねの森
毎週水曜 深夜0:15〜、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

※『いいねの森』最新回は、「ABEMA」、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、過去の放送回を配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事