テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

松丸亮吾、完全監修した“謎解きバラエティ”が大盛り上がりで大感激!「想像以上の手応え」

いま大人気の謎解きクリエイター・松丸亮吾。彼が“完全監修”を手がけた新感覚の謎解きバラエティー『キズナデビルの挑戦状』が11月4日(水)に放送される。

『キズナデビルの挑戦状』の舞台は、“キズナランド”という名のテーマパークという設定。

謎の支配人“キズナデビル”によってキズナランドに招待された芸能人たちが、“関東チーム”・“関西チーム”の2つにわかれて「デビルフォール」「デビルシューティング」「デビルキャッスル」という3つのアトラクションに挑んでいく。テーマパークをイメージした大規模で豪華なセットもみどころのひとつだ。

そして、この番組の最大の特徴は、単なる謎解き番組ではなく、チームのキズナが試されるような仕掛けが随所に仕組まれているところ。チームのことを考えて仲間と協力するのか、はたまた自分かわいさに裏切ろうとするのか、思いがけず人間性が浮き彫りになっていく。

関東チームは出川哲朗が、関西チームは今田耕司がキャプテンを務め、アインシュタイン、賀来千香子、菊池桃子、工藤阿須加、佐々木美玲(日向坂46)、長嶋一茂、夏菜、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、ゆりやんレトリィバァらのほか、本並健治・丸山桂里奈の新婚夫婦も揃って参戦

また、伊集院光がキズナランドのナビゲーターとして解説を担当。堀内健(ネプチューン)はキズナランドのプロデューサーとして登場し番組の進行を担う。

◆思い描いた“謎解き遊園地”の実現に大感激!

今回、謎解き問題はもちろん、芸能人たちのキズナを揺さぶる仕掛けも考案し、ひらめきや駆け引き、そして運動能力まで試されるステージを監修した松丸。

長時間に及ぶ収録にも最後まで立ち会い、夢中になって謎解きを楽しむ両チームの姿に大感激!「収録がめちゃくちゃ盛り上がりすぎて、想像以上の手応えを感じてます!」と声を弾ませていた。

松丸はまた、注目してほしいチャレンジャーとして、「ファーストステージでの丸山桂里奈さんの奇跡的すぎる正解、セカンドステージでのゆりやんレトリィバァさんの並外れたひらめきに注目していただきたいです」と2人の名を挙げ、それぞれのステージで巻き起こる想定外のドラマをチラリと予告。

「よく見るクイズ番組ではなく、まだ見ぬ“謎解きの遊園地”をコンセプトに、番組作りを進めてきました! 初めての挑戦がいっぱいあるので、その辺りも注目してほしいです!」と、この番組に自身の“初挑戦”をたっぷり詰め込んだことをアピールした。

※番組情報:『キズナデビルの挑戦状』 
2020年11月4日(水)午後6:45~午後8:54、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事