テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

香川照之、スゴ腕選挙コンサルタントを熱演!原作は『ハゲタカ』シリーズの真山仁<ドラマSP・当確師>

いま最も次回作が気になる俳優・香川照之。

そんな彼が新たに挑むのは、凄腕選挙コンサルタント・聖達磨(ひじり・たつま)。当選率 99%を誇ることから“当確師”の異名を持つ百戦錬磨の人物だ

原作は、大ベストセラー『ハゲタカ』シリーズで知られる人気作家・真山仁氏の同名小説。真山氏が新たに放った“怪物”聖達磨を香川がパワー全開で演じる。

敗色濃厚な選挙戦でも必ず当選させる男・聖達磨。“聖”という名とは裏腹に、依頼者に莫大な報酬を要求し、勝利のためならどんな手段もいとわない切れ者だ。

そんな聖が今回請け負ったのは、日本中から注目を集める政令指定都市・高天(たかあま)市長選。

その大本命で3期目を目指す現職市長・鏑木次郎を阻止するというのが聖に課せられたミッションだ。鏑木は“日本一有名な市長”としてその知名度は全国区、絶大な支持を市民から得ている。

聖は、その対抗候補として、意外な人物を擁立。聖が選び出したのは、市内で保育園を経営する女性・黒松幸子。もちろん知名度は、雲泥の差。圧倒的に不利な状況で、聖に勝つ公算はあるのか…?

誰もが鏑木の再選を確信するなか、聖は情報戦はもちろん、ときに“奇襲攻撃”を仕掛け大胆不敵に選挙戦を進めていく。

さまざまな人物の思惑、策略、裏切りが入り乱れ、サスペンスの要素も含んだ物語は二転三転。知っているつもりでいた選挙戦のウラ側には、こんなにも激しいバトルロワイヤルがあったのか…度肝を抜くような“勝率0%からの大逆転劇”がこの冬、幕を開ける。

◆香川照之(聖 達磨・役)コメント

――最初に脚本を読んだときの感想は?

選挙の裏側にさまざまな根回しが存在することはわかっていたつもりだったのですが、それを“生業”とされている方がいることに驚きました。また、羽原大介先生の脚本がしっかりと“一本道”で書かれていたので、セリフを覚えてそのまま演じれば、それだけで素晴らしい作品になると確信しました。

――聖達磨を演じるにあたって考えられたことは? 若干、あやしげな人物にも思えますが…?

おっしゃるとおりです(笑) 当確師はスーツを身に着け、政治家という重い立場の人たちの横で仕事をしています。でも、決して政治家には見えないよう、若干のうさんくささというものを出すべきではないかと考えて、しゃべり方から“謙虚さ”を引いています。

表舞台で謙虚さを全面に出してしゃべらなければならないのが政治家だとすると、当確師はだいぶ謙虚さを抜いた方がいいんじゃないかと思ったので…。引くというより、“ちょっと雑に言う”感じを心がけています。

――聖達磨とご自身の相違点や共通点は?

ドラマの中で、聖はさまざまな出来事を予見したり、見破ったり…と、かなりスーパーマン的に描かれています。もちろんそこは僕自身と全然、違います。だからこそ、そういった聖の優れたところを視聴者にうまく伝えたい、という思いがあります。

似ているところは…実は、監督から「飲みものや食事が出てきたらすぐ口をつける人にしてください」と言われました。聖は、出されたものをそのままにして帰るのが非常にもったいないと思っている人物なんです。僕自身も“きちんといただく”ことは礼儀だと思っているので、そういう意味では同じような人間性かもしれません。

――聖のような当確師を、大好きな昆虫に例えるとしたら?

ハチでしょうか…。“必ず花を咲かせます”みたいなことで、しかも回り回って自分のためにもなっている、というところがハチっぽいかもしれないですね(笑)

◆真山仁(原作者)コメント

選挙とは、血を流さない戦争と言われています。史上稀に見る異常な米国大統領選挙が行われたこのタイミングで、『当確師』がドラマ化されるのは、運命なのでしょうか。『当確師』を見れば、選挙を見る目が変わります。

※番組情報:ドラマスペシャル『当確師』
テレビ朝日系で今冬放送!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事