テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ワールドトリガー』2ndシーズン、新キャスト5名解禁!スタッフ陣のコメントも公開

テレビアニメシリーズとして東映アニメーションが製作し、1stシーズンは全73話を放送したアニメ『ワールドトリガー』

原作は葦原大介氏の「週刊少年ジャンプ」「ジャンプスクエア」(集英社)連載の大人気SFアクションマンガ『ワールドトリガー』。 「週刊少年ジャンプ」連載当初から熱狂的なファンを獲得し続け「ジャンプスクエア」へ移籍後も屈指の人気を誇る作品だ。

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

テレビアニメは続編となる2ndシーズンを、2021年1月9日(土)よりテレビ朝日系列にて放送。10月30日(金)に村中知、梶裕貴、田中健大が出演したスペシャルLIVE配信にて、アニメに関する新情報を発表した。

◆ガロプラ新キャスト解禁!

異世界からの来訪者・空閑遊真(くが・ゆうま)と、近界民(ネイバー)の侵略に対抗する界境防衛機関「ボーダー」の隊員である三雲修(みくも・おさむ)が、未知なる世界との接触や戦いを通して成長していく姿を描く同作。

この度、アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズンに初登場するガロプラのキャストが解禁となった。

ガロプラとは、近界(ネイバー)最大級の軍事国家アフトクラトルの従属関係にある惑星国家。2ndシーズンでは、アフトクラトルの命により、ガロプラのメンバーがボーダー本部を襲撃しにいく場面から描かれる。

そんな、2ndシーズン幕開けのストーリーに大きく関わるガロプラのキャストには、1stシーズンからすでに登場し、ガロプラのメンバーを統率するリーダー・ガトリン役 江川央生に加え、ラタリコフ役 豊永利行、ウェン・ソー役 園崎未恵、コスケロ役 津田健次郎、レギンデッツ役 村瀬歩、ヨミ役 白石涼子が決定。総勢6名のキャストから、作品への意気込みや魅力を語ったコメントが到着した。

◆ガトリン役 江川央生

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

1stシーズンから登場していましたが、2ndシーズンではボーダーとガロプラがどのように戦っていくのか、 放送を期待して待っていてください。

私自身もとても楽しみにしています。

◆ラタリコフ役 豊永利行

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

今回ラタリコフを演じさせていただきます、豊永利行です。

アニメ『ワールドトリガー』2nd シーズン突入おめでとうございます!今回の2ndシーズンから登場ということで、今回ガトリン隊長率いる遠征部隊の一員として、活躍させていただくことになりました。

自分自身も楽しみながら演じたいと思います。皆様も放送を楽しみにお待ちください!

◆ウェン・ソー役 園崎未恵

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

今回からウェン・ソー役で登場することになりました。ウェン・ソーはとても強く、エリート街道まっしぐらの軍人さんですが、好きなものが「はちみつ」や「オレンジ」のようで、とても親近感が沸いています。

派手なシーンがアニメになるので、楽しみにしてください!

◆コスケロ役 津田健次郎

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

独自の世界観をもっていて、オリジナリティー溢れる『ワールドトリガー』に参加できるということで、とても嬉しいです。
ぜひ楽しくご覧になっていただけたら嬉しいです。

◆レギンデッツ役 村瀬歩

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

今回『ワールドトリガー』に参加させていただけるということで、とても光栄で、嬉しく思っております。

序盤にヒュースと対峙するシーンがあり、魂を込めて演じさせていただきますので、レギンデッツ含め、ガロプラが動く姿を楽しみに待っていてください!

◆ヨミ役 白石涼子

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

『ワールドトリガー』のファンの皆様、はじめまして!ヨミ役の白石涼子です。

ずっと『ワールドトリガー』に参加したいと思っていたので、とても嬉しいです。 淡々としていて頭のいいヨミがどんなふうに活躍するのか、ぜひ1話から楽しみに観ていただければと思います。

また、今回初出しとなる、2ndシーズン本編からのカットを使用した特報映像が解禁となった。遊真や修などメインキャラクターはもちろん、映像の一部には2ndシーズンから登場のガロプラのメンバー・ラタリコフ、ウェン・ソー、コスケロのカットや、ガロプラと対峙する太刀川・嵐山・玉狛第1の姿も。また玉狛第2の隊服の色やトリオン漏出の表現はより原作の表現や世界観に近づけるため、1stシーズンから変更されている。

そして、今回の2ndシーズン製作に関わるスタッフ陣である、シリーズディレクター 畑野森生、シリーズ構成 吉野弘幸、音楽 川井憲次、キャラクターデザイン・総作画監督 海谷敏久、ジャンプ SQ.編集長 吉田幸司、プロデューサー 永富大地ら6名のコメントも到着した。

◆シリーズディレクター 畑野森生

放送に向けて製作スタッフ一同がんばっております。『ワールドトリガー』2ndシーズンを楽しみにしていてください。

◆シリーズ構成 吉野弘幸

「満を持して」という言葉がこれほど似合う二期もそうは無いのではないでしょうか。一期のラストを「転送開始!」という栞の台詞で終わらせたのは、この続きの修たちの戦いを必ず描く、という誓いのつもりでした。あれから四年半……ついにその誓いをはたすときが来ました。

本当にお待たせしました。すべてにおいてパワーアップした二期をお届けできることを、心から嬉しく思います。

◆音楽 川井憲次

再びワールドトリガーの新作が放送されることは、僕にとってとても嬉しいことです!またあのメンバーの活躍が見られると考えるだけでワクワクしてしまいます。音楽は前作の雰囲気や楽器の使い方を踏襲しつつ、新しいメロも作ってみましたので、そちらもお楽しみいただけたら、と思います。まあ音楽はともかく、またチカちゃんに会えるのが何より嬉しいですねーw

◆キャラクターデザイン・総作画監督 海谷敏久

世界が大きく変わろうとしているなか、再会したワールドトリガーの仲間達は以前と変わることなく一心に前を見ていました。またともに歩めることを光栄に感じるとともに、放送開始が近づき次第に緊張感がましています。

皆様のご期待に添えるよう一心に作業を進めてまいりますので、楽しみにお待ちください。

◆ジャンプSQ.編集長 吉田幸司

アニメ『ワールドトリガー』2ndシーズン放送まで早いものであと2か月強となりました。

シリーズディレクターをはじめスタッフ・キャストの方々が、原作漫画を読み込んでその魅力を昇華しようと製作にあたっていただいている姿を、自分が一番近くで見てきました。

とにかく期待しかありません! アニメ、そして漫画も、応援よろしくお願いします!!

◆プロデューサー 永富大地

今から4年半前の2016年4月3日に放送されたアニメ1stシーズン最終回で迅さんが話していたことが実現しました。

彼のサイドエフェクトの言葉通り未来は無限に広がっていましたが、全世界のワールドトリガーファンのみなさんの力が集まった結果のアニメ2ndシーズンの製作と放送です。

みなさんからの声と行動がなければこのプロジェクトを実現することができなかったと思っています。

この場を借りてあらためて御礼申し上げます。

いま初回放送を間近に控えてアニメ製作宣伝営業スタッフ・キャスト・関係者が全力でがんばっています。

どうかみなさまも一緒に「ワールドトリガー 2ndシーズン」と並走していただけるとありがたいです。

※番組情報:アニメ『ワールドトリガー』2nd シーズン
2021年1月9日(土)スタート!毎週土曜 深夜1:30〜2:00、テレビ朝日系24局

※東映アニメーション公式YouTubeチャンネルはこちら!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事