テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

仕事は順調なのか?『24 JAPAN』の池内博之、職場で“チラ見”しすぎ問題。

10月より放送中、唐沢寿明主演の24 JAPAN

日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬(しどう・げんば/唐沢)率いるCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のメンバーが、日本初の女性総理候補・朝倉麗(あさくら・うらら/仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止する任務にあたるなか、現馬は“暗殺計画に関わるCTUの内通者”を突き止めるべく、極秘の単独調査を開始。

10月23日(金)に放送された第3話では、内通者かと思われたA班チーフ・水石伊月(栗山千明)の容疑も晴れ、単独調査は振り出しに戻ってしまったのだが…。

そんななか、第1話から怪しい動きを見せていたアノ男がついに動き出した…。

彼こそは、内通者探しに奔走する現馬への疑念をふくらませるA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)。ついには現馬の班長解任まで要求した南条のせいで、第4話(10月30日放送)では「突然のCTU封鎖」という緊急事態が巻き起こり、物語はまたも急展開を迎える。

これまでも事あるごとに強い疑念があふれ出し、現馬の動向をチラチラ監視していた南条。

一歩あるけばチラッ! デスクでPCを見ているかと思いきやチラッ! というかもう、いつだってチラッ!

「ちゃんと仕事してる?」と問い詰めたくなるほど粘着質たっぷりの目でチラ見しまくっている彼を、第4話のPR映像でフィーチャー!

10月28日(水)より、“珠玉の戦慄チラ見”カットをスリリングかつスピーディーに詰め込んだ「南条チラ見バージョン」を、番組SNSおよびテレビ朝日YouTube公式チャンネルで公開している。

※番組情報:『24 JAPAN』第4話
2020年10月30日(金)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事