テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

特命係の捜査線上に“実演販売士の男”。右京(水谷豊)らの追及にものらりくらり

2020年、ドラマ誕生20周年という大きな節目の年を迎える『相棒』。

10月28日(水)に、『相棒season19』第3話「目利き」を放送する。

特殊詐欺グループを追っていた捜査二課の係長・尾崎(及川いぞう)が遺体で発見される。

遺留品のなかにあったレシートをもとにショッピングセンターを訪れた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、そこで実演販売士の酒井(山本浩司)と出会う。

尾崎との関係を調べるなか、酒井が以前に詐欺容疑で逮捕されていたことが判明。さらに尾崎に詐欺グループとの黒いつながりが見え隠れしはじめる。

◆あらすじ

詐欺グループに計500万円もの大金を騙し取られ、自殺を図ろうとしていた三好由紀子(川俣しのぶ)という女性を、たまたま居合わせ思いとどまらせた「特命係」の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)。

同じような手口の詐欺がここ数カ月で多発していることを知った2人は捜査二課を訪れ、捜査状況について聞こうとするものの、係長の尾崎徹(及川いぞう)に「部外者に話すことはない」と追い返されてしまう。

その矢先、尾崎が遺体で発見される。遺留品の財布の中には何枚ものテレホンカードと「アメイジングウォッシュ」と書かれたショッピングセンターのレシートが。

手がかりをつかむためショッピングセンターへ足を運んだ右京と亘は、そこでアメイジングウォッシュの実演販売を行う酒井直樹(山本浩司)という男性に声をかける。

尾崎の写真を見せ「見覚えはないか」と尋ねるが、空振り。警視庁に戻ってデータベースを検索した右京は、酒井が以前に詐欺容疑で尾崎に逮捕されていたことを掴む!

なぜ尾崎と会っていたことを隠したのかを問い詰めるも、実演販売士として弁が立つ酒井は右京たちの追及にものらりくらり。やがて、酒井と尾崎の意外な関係が明らかになり、さらには尾崎と詐欺グループにも黒いつながりがささやかれはじめ…?

番組情報:『相棒 season19』第3話「目利き」
2020年10月28日(水)午後9:00〜9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事