テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

三谷紬アナ、大先輩の“名演技”で地獄の瞬間を再現!土佐兄弟も「これまじ嫌だわ」と共感

日常や何気ない瞬間に潜むベタな出来事=“あるある”。そんな「まだ見ぬ“新たなあるある”」を全力で探す番組『あるある土佐カンパニー』

10月21日(水)の放送では、「地獄だと思った瞬間あるある」をプレゼン。

「彼氏に送るLINEを間違えて上司に送信」など、三谷紬アナウンサーの再現VTRに大先輩の角澤照治アナウンサーが登場し、あるある3連発をお届けした。

「歳が離れすぎた上司の、自分の世代の知らない話」という“あるある”では、1994年生まれの三谷アナに、角澤アナが“ジョホールバルの歓喜”や“歌手・GAO”など三谷アナが知らない90年代を熱弁。話が噛み合わず、「でもしょうがないか、生まれたの最近だもんね」と言い放つ。

このVTRに土佐有輝は、「これは本当にその空間が地獄。(上司の)声デカくなるんですよね、ちょっと音量上がる」と同調する。

三谷アナは、この日の撮影で角澤アナがヒートアップしていたことを明かし、「そういう時代に生まれた子がいるんだね」「そういう子生きてるんだぁ」とのアドリブがあったと暴露。「生きてるからここにいる!」と笑顔を見せた。

また、「会社を出たところで、年配の上司と会っちゃったときの駅までの10分」という“あるある”では、会社を出た瞬間の三谷アナの前に角澤アナが登場。

2人が同じ駅を利用していることがわかるや、一緒に駅まで向かわざるを得ない状況になってしまう。

このVTRに「これマジで嫌だわ、最悪」と苦い顔を浮かべた有輝。土佐卓也は、「名演技!」と角澤アナウンサーの演技を称賛していた。

そんな『あるある土佐カンパニー』最新回は、アベマTVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「テラサ」では過去回を配信中!

※『あるある土佐カンパニー』をはじめ、深夜に新たな笑いを届けるバラエティゾーン“バラバラ大作戦”の公式Twitterはこちら

番組情報:『あるある土佐カンパニー』(バラバラ大作戦
毎週水曜深夜2:16~、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事