テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『仮面ライダーセイバー』に新たな登場人物!アンジェラ芽衣が、クールな謎の使者役に

剣と本をモチーフにしたファンタジー活劇でお届けしている令和仮面ライダー第2弾仮面ライダーセイバー

11月8日(日)放送の第9章から、新たな登場人物が加入。 “10頭身モデル”として人気のアンジェラ芽衣が、突如現れた謎の使者・神代玲花(しんだい・れいか)役で登場し、クールビューティーな役柄で新境地を拓く。

©︎2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

◆ “サウザンベース”から現れたクールな“謎の使者”

アンジェラ芽衣は、モデルとして“東京ガールズコレクション”をはじめ、数多くのファッションショーに出演するほか、バラエティ番組でも活躍。アニメ、ゲームが大好きな“オタク系女子”とし ても知られている。

今年9月に配信が開始されたドラマ『アキハバラ@DEEP2.0』では、演技初挑戦ながら超元気キャラを表情豊かに演じ、鮮烈な印象を残した。そんな彼女が地上波ドラマに出演するのは『仮面ライダーセイバー』が初。もちろん特撮ヒーロー作品に携わるのも初、となっている。

彼女が演じる神代玲花は、世界の均衡を守ってきた剣士たちの組織“ソードオブロゴス”の基地、“ノーザンベース”に突如現れた謎の使者

ソードオブロゴスのもうひとつの基地“サウザンベース”に所属しており、セイバーの力を見極めるためにノーザンベースに接触を図っているようだが、その理由は不明。いったい彼女の真の目的とは何なのか、今後のセイバーたちの運命に深くかかわっていく役柄だ。

◆“クールビューティー”がキーワード

小学生の頃、『仮面ライダー電王』(2007年)にハマっていたというアンジェラ芽衣は、「私のなかでも思い入れのある仮面ライダーに出演させていただけること、心からうれしいです」とオファーに大感激。

「謎の多いクールビューティーなキャラなのですが、普段の私自身とかけ離れている性格なので、撮影時には出番前に毎回“私はクールビューティー、私はクールビューティー…”と自分に言い聞かせています(笑)」と、“クールビューティー”をキーワードにミステリアスなキャラクターに初挑戦することを明かした。

そして、「神代玲花として全身全霊、精一杯努めさせていただきます」と並々ならぬ決意で意気込んでみせた。

◆アンジェラ芽衣(神代玲花・役)コメント全文

今回、『仮面ライダーセイバー』に神代玲花役として出演することになりました、アンジェラ芽衣です。

ヒーロー番組のなかでもとくに長い歴史のある仮面ライダーさんから出演のオファーをいただいたときは本当に驚きました。仮面ライダーは、小学生の頃に『仮面ライダー電王』に母と物凄くハマっており、一緒に見ていたこともあって私のなかでも思い入れのあるシリーズです。そんな仮面ライダーに出演させていただけること、心からうれしいです。

謎の多いクールビューティーなキャラなのですが、普段の私自身とかけ離れている性格なので、撮影時には出番前に毎回「私はクールビューティー、私はクールビューティー…」と自分に言い聞かせています(笑)。

『仮面ライダーセイバー』のお話がこれからどう進んでいくのか、楽しみで仕方ありません! 演技経験自体が少なく、スタートは共演者の皆さんより遅いですが、神代玲花として全身全霊、精一杯努めさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

※番組情報:『仮面ライダーセイバー第9章
2020年11月8日(日)午前9:00〜9:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事