テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『科捜研の女』season20がついにスタート!マリコ(沢口靖子)、自ら宙づりに

現行連ドラ最多シリーズ記録を更新したドラマ科捜研の女 season20が、本日10月22日(木)よりついに始動する。

10年前に起きた女子高生滑落死。自首してきたのは、 女優みたいな名前を持つ、超地味な元非常勤講師の女だった。

逮捕を求める謎の女に、マリコたちは翻弄される。その真の狙いとは一体。

◆あらすじ

「10年前に人を殺しました。逮捕してください」――京都府警に地味な雰囲気の女が自首してきた。

土門薫刑事(内藤剛志)や蒲原勇樹刑事(石井一彰)が事情を聴いたところ、その女、星名瑠璃(大久保佳代子)は10年前、非常勤講師として勤めていた女子高の生徒・河合範子(里吉うたの)を、山岳部の登山練習中に滑落死させてしまったと話す。

きっかけは当時、反抗的だった範子を思わず平手打ちしてしまったこと。瑠璃は、体罰を校長に告発すると脅す範子を制止したい一心で彼女を追いかけたところ、滑落させてしまったと告白。

なぜ今になって自首したのかと問う土門に対し、当時は恐怖のあまり打ち明けることはできなかったが、教師としての道も開けずパッとしない毎日を送るうち、人生を諦観して出頭したと心情を吐露する。

さらには、自分は女優みたいな名前を持ちながら、人生で一度もスポットライトを浴びたことがないと、ネガティブなつぶやきをもらす…

藤倉甚一刑事部長(金田明夫)から、彼女の供述を科学で裏づけてくれと要請された榊マリコ(沢口靖子)ら京都府警科捜研のメンバーは、10年前の鑑識試料を鑑定。被害者の腕時計に、犯人のものらしき血液が付着していたことを突き止める。

だが、照合のため瑠璃にDNAの提出を求めたところ、彼女は突如、被害者の血痕がついたザイルを山中に埋めたと言い出し、それさえ見つかれば自分が範子を殺害した証になると主張しはじめる。

証拠品となるザイルの捜索のため、そして範子が身に着けていた“カラビナ”の状態を確認するため、マリコは事件現場となった岸壁に赴き、自ら宙づりになってみるのだが…!?

一方、土門は当時の担任教師・渡辺順吾(池下重大)、山岳部の顧問だった井ノ口聖子(あめくみちこ)、範子とコンビを組んでいた部活仲間・野田由香(高田夏帆)らに事情を聴くが、瑠璃が自首したことを聞いた彼らはそれぞれ異なる反応を示して…!?

※番組情報:『科捜研の女 season20
2020年10月22日(木)午後8:00〜8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事