テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

テレビ朝日×ABEMA、共同制作バラエティ枠が誕生!秋元康による新企画などが登場

これまで『内村プロデュース』や『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』『アメトーーク!』『マツコ&有吉の怒り新党』など、数々の番組を生み出してきたテレビ朝日の深夜バラエティ番組枠「ネオバラ」。

チャレンジ精神ある番組をいくつも輩出してきた「ネオバラ」のコンセプトを引き継ぐ、新たなバラエティ番組枠『ネオバズ!~BUZZる!ネオバラ~』が、10月よりテレビ朝日の深夜とABEMAに誕生する。

“テレ朝&ABEMAのバラエティーでBUZZ(バズ)らせろ!”を合言葉に、ABEMAとの共同制作により新たな価値を創り出す5つのバラエティ番組を放送。番組によってはテレビ朝日とABEMAが放送スケジュールでも連携する。

◆『スポテイナーJAPAN』

月曜日にお送りするのは『スポテイナーJAPAN』。

「スポテイナー」はスポーツ+エンターテイナーを掛け合わせた造語で、今、美容大国・韓国のSNSで人気となっている美しい体をもつ女性への称号だ。

同番組では、日本トレーナー界のトップを走るAYAを番組オーガナイザーに迎え、美ボディをもつ挑戦者たちがトレーニングで競い、そのなかから日本版スポテイナーを発掘する。

◆『マッドマックスTV』

火曜日は生放送の『マッドマックスTV』がスタート。

熱意あるプレゼンターたちがもち込んだ「地上波で流してほしい…が、何かと問題がありそうなVTR」を、MCかまいたちが深夜にこっそり生放送。しかし、本当に問題がありそうなVTRもあり、その場合はマッドマックス審議委員会がジャッジし、VTRの途中でもストップする。

VTRの続きは、地上波放送直後にABEMAにて生配信。深夜の生放送で、何が起きるかわからない、まさに前代未聞の番組となる。

◆『みえる』

水曜日は、秋元康が企画・監修する『みえる』が登場。

先の見通せない時代、1週間先もどうなっているかわからず不安な今の世のなかで、ちょっと先の未来が見通せる、 “みえるひと”=各界のプロフェッショナルを招集し、ちょっと先の未来に関するお題を予想。次回番組内で、その予想が的中したかどうか、答え合わせをしていく。

MCを務めるのは、遠慮一切なしに“みえるひと”に鋭く切り込んでいく東野幸治と、バラエティ番組初MCとなる日向坂46・佐々木久美。

基本的に生放送でお送りするこの番組。“みえるひと”たちが予言する内容は一切編集がきかないだけに、その予想が的中した際の驚きは鳥肌ものだ。

◆『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』

木曜日は、秋元康企画・監修の超実践型恋愛学バラエティ番組『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』を放送。

出会いを求める芸能人のために交流会をセッティングし、そこで繰り広げられる攻防を、芸能界きっての駆け引き上手なヒロミと指原莉乃が恋愛視点で解説していく

さらに、ヒロミ&指原のMC陣は解説するだけでなく、タブレットを渡された参加者たちに直接アドバイスを送ったり、ときにはトークテーマの指令を送ったり、さらにはいい雰囲気になった参加者2人にはより仲を深めてもらうために2人きりになれる指示=スペシャルオファーを送るなど、恋の駆け引きに絡んでいく重要な役割も担う。

交流会には、勢いのある芸人や新進気鋭の女優、2.5次元の人気俳優、人気YouTuberなどが参加。番組終盤には告白タイムが設けられ、気になった相手と連絡先交換、その後ガチデートが実現するかどうかまでを密着する。

◆『川柳居酒屋なつみ』

金曜日は、『川柳居酒屋なつみ』が移転してグランドオープン。

居酒屋の女将に扮した宇賀なつみと常連客の尾上松也が、さまざまなジャンルのお客さん(ゲスト)たちと楽しく飲みながら、ほろ酔い本音トークを展開する

トークのお題はすべてゲストが書いた「川柳」からスタート。お酒もまわり、ゲストの心も十分ほぐれたところでカラオケマシンも登場し、「居酒屋なつみ」は「スナックなつみ」に変身。 酔ったゲストたちの、普段はあまり見られない素顔や、居酒屋ならではの禁断ぶっちゃけトークが満載だ。

※番組情報:『ネオバズ! ~BUZZる!ネオバラ~
2020年10月スタート 毎月第4週 月曜日~金曜日、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事