テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

“Wコウジ”の共演が実現!東野幸治の“ある発言”で、今田耕司とバトルぼっ発

10月15日(木)の『アメトーーク!』は、「お肌よわよわ芸人」を放送する。

2年半ぶりに「お肌よわよわ芸人」が集結。今田耕司、高橋茂雄(サバンナ)、西田幸治(笑い飯)、黒瀬純(パンクブーブー)、狩野英孝に加え、今回は藤本敏史(FUJIWARA)と三島達矢(すゑひろがりず)が新メンバーに加入。

また今回のMC側ゲストは東野幸治。これまで番組でもことあるごとに“Wコウジ”の共演を熱望していた出川哲朗の夢が、本人不在ながらついに実現する

30年以上付き合いがある今田と東野。東野が伝説的人気コントの収録やロケで目撃した、今田の苦労話を大暴露する。息ピッタリのWコージが繰り広げる脱線トークの数々に、蛍原徹が「今、何の話をしてるんでしたっけ?」と混乱するひと幕も。

イラストにかゆい部分をマークした「お肌よわよわマップ!!」では、メンバーそれぞれの悩みの根源を発表。西田が「小さい頃に手術した痕がかゆい」というと、東野は「俺も同じ場所を手術したけどかゆくない」と反論。すると、メンバーから「それは“お肌つよつよ”やからや!」と総ツッコミが。さらに、東野の“ある”発言がきっかけで、Wコウジのバトルがぼっ発する

「お肌よわよわあるある!!」では、三島が大阪時代に稲田直樹(アインシュタイン)とルームシェアしていた際のエピソードを披露。2人してボリボリ体をかきまくっていたリビングルームの惨状を明かす。さらに三島は、自身で編み出したというかゆみを紛らわせる方法を紹介する

また、”もし突然無人島ロケに行くことになったら?”という話になり、スキンケアにこだわる肌よわ芸人たちからは、不安や希望が続出。

そして番組ラストには「誰が一番かいていたかグランプリ!!」も開催。収録中、メンバーそれぞれが体をかいた回数を別室でモニタリングしてカウントし、その結果を発表する。

※番組情報:『アメトーーク!』「お肌よわよわ芸人」
2020年10月15日(木)午後11:15〜深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事