テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

唐沢寿明、食事会での意外な“悪癖”「芸人みんな、自信なくして帰る」

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

10月9日(金)の放送では、ドラマ『24 JAPAN』に主演する唐沢寿明が登場。番組でもすっかりおなじみの芸能リポーター・井上公造のソックリ芸人、井上小公造にプライベートを暴かれる場面があった。

◆超せっかち&お笑い好き

仕入れた情報に自信を見せる小公造はいつものごとく「これ、絶対にいわないでくださいよ!」と前置きしたうえで、唐沢の意外な一面を次々と暴露していった。

ひとつめは、「車のなかにたくさん健康グッズがあり、そのなかに何に使うかわからないヌンチャクを置いている」という“スクープ”。

ブルース・リーが大好きな唐沢は、格闘技・ジークンドーの開祖が、小さいヌンチャクを首にかけて食事をしているのを知り、その教えに従ってヌンチャクを持ち歩いているそう。

あまりに小さすぎるネタにスタジオは笑いに包まれるが、小公造はさらに「撮影が終わった後、身支度をして車に乗り込むまでの時間、毎回1分くらいらしい」と、唐沢のせっかちすぎる一面も明かした。

唐沢はこのスクープを素直に認め、「撮影が終わったら、衣装部屋に歩きながらほぼ脱いでます」と驚きの告白。

「終わったらなんか早く帰りたい」そうで、スタッフたちと雑談することもなく、一目散に帰宅するのがルーティンなのだとか。このコメントを聞いたちさ子は、「こちらの2人は家に居場所がないので、なるべく長くいたい」と、正反対なタイプである一茂と良純を引き合いに出し、笑いを誘った。

そんななか、小公造は最後に「これはちょっとヤバいやつ」と言いながら、唐沢のスクープをすっぱ抜いた。それは、「大阪に来たときいろんな若手芸人とご飯にいっているが、どの芸人よりボケるから、芸人みんな自信なくして帰る」というもの。

以前に唐沢と食事に行った小公造が、実際にその現場を目撃したそうで、「誰かがボケてきたらそこで終わらず、被せてきますからね」と酒席での唐沢の様子を明かした。

その会は芸人のたむらけんじが主催し、大阪に来た唐沢をもてなそうと30名ほどの若手芸人が集められた。芸人たちははじめて見た芸能人に興奮し、唐沢の目に留まるために意気込んでいたそう。

しかし、芸人より笑いを欲しがる唐沢のせいでみな立つ瀬なく、最後は肩を落として帰ったのだとか。

そんな唐沢は過去に一緒に食事をした芸人について「親指ぎゅー太郎とか…」と言うと、進行役のサバンナ・高橋茂雄は「僕はもちろん知っていますけど、唐沢寿明さんの口からテレビを通して言う言葉ではない!」とまさかのマイナー芸人の名前に驚いていた。

番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる7:00〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

新動画配信プラットフォーム「テラサ」では過去の放送回を配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事