テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

三谷紬アナ、スマホを顔面にゴツン!“あるある動画”撮影のため体を張る

深夜に新たな笑いを届けるべく誕生したバラエティゾーン“バラバラ大作戦”。

その一環として、10月7日(水)、兄弟芸人・土佐兄弟による初の冠番組『あるある土佐カンパニー』がスタートした。

あるある動画で大注目され、TikTokで5億回の再生を誇る土佐兄弟。

同番組では、“新しいあるあるを見つける会社”土佐カンパニー(通称・トサカン)を舞台に、土佐兄弟の兄・卓也と弟・有輝、そして三谷紬アナウンサーがテーマに沿った“あるある動画”を撮影しプレゼン対決していく。

◆三谷紬アナ、あるある再現のため体を張る!

初回のテーマは、“スマホあるある”。

土佐兄弟は、ネタは弟・有輝が考え実演し、兄・卓也がすべての動画の撮影・編集まで行う。

2人からまず出てきた“あるある”は、「写真スライドしすぎて関係ないところまでいっちゃうヤツ」、「スマホ完全に渡したくないヤツ」など、三谷アナも「メッチャいますよね!」と共感する“カメラロール”関連のもの。

さらに、「仮眠する時、スマホ体の上に置くヤツ」、「アラーム消そうとしてスクショしちゃうヤツ」、「マスクで顔認証開けるの手こずるヤツ」など、絶妙なあるある具合でさすがの実力を見せつける。

一方、「(アイデアが)とまらなくてですね」と言う三谷アナから出た最初の“あるある”は……。

それは、「寝転がってスマホ見てたら、顔面にゴツン」という多くの人が経験しているだろう“あるある”。

三谷アナは動画の中で自らの顔面にスマホを“ゴツン”させており、見事に体を張ってみせる。

さらに三谷アナからは、「元カレが自分のインスタのストーリーを見に来た事に、満足する」というプライベート感満載の“あるある”も!

これに有輝が「これスマホあるある? 三谷あるあるでしょ!」とツッコむなか、三谷アナは「“見てんなッ”と思う。やっぱり私の事まだ好きなんだなって」とその意図を解説。どれくらいの時間で“既読”されるかまで分析していることも明かす。

三谷アナからの“あるある”の数々に、土佐兄弟も「エッジのきき方すごいですね」「めっちゃ面白い」と感心していた。

さらに、三谷アナの動画には後輩の新人アナウンサー・安藤萌々も登場。安藤アナが演じる“あるある”な女性とは? そして、“ベストあるある”に輝いたのは?

そんな『あるある土佐カンパニー』最新回は、アベマTVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「テラサ」でも配信中!

※『あるある土佐カンパニー』をはじめ、深夜に新たな笑いを届けるバラエティゾーン“バラバラ大作戦”の公式Twitterはこちら

番組情報:『あるある土佐カンパニー』(バラバラ大作戦
毎週水曜深夜2:16~、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事