テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

黒柳徹子「興味深い性格」と感心。いしだあゆみ、“不思議な私生活”を告白

10月9日(金)の『徹子の部屋』は大女優たちの「輝く若さ」と題して、『徹子の部屋』45年の歴史のなかから、現在も大活躍の女優・いしだあゆみ、竹下景子、浅野ゆう子の約40年前の貴重なお宝映像を紹介する。

1982年、当時34歳のいしだ。「興味深い性格」と黒柳が感心する不思議な私生活を告白。以前、司会をしていた歌番組に出演したいしだを観察していた黒柳が見た光景を明かす。

1981年、当時27歳の竹下ははじめて自分でつくった着物で登場。クイズ番組で“三択の神様”と呼ばれる存在だった竹下。出身地の名古屋弁を披露する

1981年、“日本一の脚線美”といわれていた浅野は21歳で初出演。自分でメイクしたという、ちょっと衝撃的な当時の“流行りメイク”、そして「かなり背伸びをしていた時期」と現在の浅野がいうVTRも紹介する

※番組情報:『徹子の部屋
2020年10月9日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事