テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

まるで自然にできた温水プール。川底から湧く!巨大な天然温泉【秘湯ロマン“げんせん”紹介】

観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、「群馬県 沢渡温泉、尻焼温泉を巡る旅」(2017年10月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

新型コロナウイルス感染拡大により、温泉のみならずなかなか旅行に出かけにくい期間が続いてきました。ゆっくり温泉に入りたいという人が少なくないと思いますが、まずは動画で温泉の気分を味わってみては?

◆日本百名山のひとつ、草津白根山を望む温泉

“旅人”の広瀬未花さん、JR吾妻線からバスに乗り換えて秘湯を目指します。降り立ったのは「花敷温泉」のバス停。ここに、宿のご主人が迎えに来てくれました。

送迎車でさらに山道を登り辿り着いたのは、ロッジ風のつくりの宿、尻焼温泉「白根の見える丘」です。

その名の通り、晴れた日には日本百名山のひとつ、草津白根山(標高2,171m)を望むことができるこちらの宿。

宿泊客は1日4組だけで、和室のほかにベッドのある和洋室も用意されています。

まずは、露天風呂へ。

源泉かけ流しで、無色透明のサラリとしたお湯です。

宿のご主人いわく、温泉成分が濃いため、長く入り過ぎないよう注意してほしいそう。

「森の中の露天風呂って感じがしますね。癒される!」と広瀬さんも大満足です。

 

◆川底から湧く!巨大な天然温泉

ご主人に、尻焼温泉がある根広地区を案内してもらいました。すると……なんと、個人宅の中に温泉が!

じつはここ根広地区では、すべての家庭が温泉の権利をもっているんです。2kmほど山を下った場所にある源泉をポンプで汲み上げ、それぞれの自宅にひいているそう。

山を下り、尻焼温泉の源泉が湧く場所へ来てみました。

そこには、川底から湧く源泉が川の水と混ざりあって出来た巨大な天然の温泉が!

幅およそ30メートルにわたってせき止められ、まるで自然にできた温水プールのよう。

「すごい!湧いてる!」と広瀬さんもテンションが上がります。

川底から湧く源泉の温度は、高いところでおよそ80℃。お尻が触れると焼けるほど熱いことから“尻焼温泉”という名が付いたとも言われています。

この日のお湯の温度は、37℃ほどでした。流れ込む川の水の量で、毎日温度が違うそうです。

また岸辺には、川の水がまじらない露天風呂も用意されています。こちらは、源泉を一度タンクに汲み上げ、温度調節がされています。

地域の人たちが昔からカラダを癒してきた、大切な温泉です。

そして、宿の内湯も天然温泉かけ流し。

湯船の角には玉砂利が敷き詰められており、もたれかかってリラックスできます。

山あいの秘湯を訪ねた群馬の旅。電車やバスを乗り継いで少し時間がかかったけど、来て良かったと思える個性的な名湯ばかりでした。

※配信情報:『秘湯ロマン』
厳選39エピソードを「TELASA(テラサ)」「テレ朝動画」ほかで配信中!
TELASA
テレ朝動画

※本記事で紹介した「群馬県 沢渡温泉、尻焼温泉を巡る旅」の動画はこちら

※記事内で紹介された宿や施設の情報は、『秘湯ロマン』公式HPからご確認ください。
(コロナウイルス感染拡大に伴う休業や営業時間の変更等については、宿・施設へお問い合わせください)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事