テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

でんぱ組.inc・相沢梨紗「ちょっと泣きそうだった」久しぶりのライブに緊張!

秋葉原発の超個性派アイドルユニット・でんぱ組.incが、ロケやライブ、イベントに全力で挑む姿を追ったドキュメント・バラエティ番組『でんぱの神神』。

9月25日(金)から、テレ朝動画「logirl」にて配信がはじまった最新エピソードでは、6月20日(土)に開催した、神聖かまってちゃんとの2マン配信ライブ『でんぱをかまってちゃん“星降る引きこもりの夏休み”』に密着。

リハーサルから、ライブ本編のハイライト、さらにはライブ終了後のメンバーの様子まで、お届けします。

◆久しぶりのライブに「1曲1曲を噛みしめて…」

5月に配信されたライブではメンバー各々バラバラの場所で歌唱パフォーマンスを行い、VJ演出と融合した内容で、新しいオンラインライブの形を見せた、でんぱ組.inc。

今回は久しぶりのダンスパフォーマンスということもあり、リハーサルで入念に立ち位置などを確認するメンバーたち。

相沢梨紗は「最後にダンスしたのが2〜3か月前なので、本当に久しぶり。私はその感覚を忘れていないだろうかというドキドキ感がある」と緊張の様子。「やりはじめたら大丈夫だと思うけど…みんなもついてきてねという気持ちで、見守ってほしいな。1曲1曲を噛みしめてライブしたいなと思っています」と意気込みました。

自粛期間に3kg太ってしまったという鹿目凛。「筋トレとか、いろいろダイエットして2kg痩せました。一回太って、筋トレで痩せたので、太る前より身体のバランスがいい感じになっています」と明かし、「今日のためにたくさん練習してきたので、その成果を映像でお客さんに見せられたら」とコメント。

古川未鈴は「ダンスを踊らない歌唱メインのライブははじめて。歌だけで大丈夫かという気持ちで当日を迎えた」、「ダンスはないけど、その分目新しい演出がすごかった。新時代の扉、開けり!という感じのライブになった」と初のオンライン配信となった前回のライブを振り返りました。

前回、5月に開催されたライブでビジュアルディレクション、照明、VJを担当した、空間演出ユニット・huez(ヒューズ)。配信ライブの常識を覆した映像演出をどこまでパワーアップさせるのかも見どころの1つ。

根本凪は5月の配信ライブを振り返り「VJさんチームたちが気合を入れてくださって、1つのMVといっても過言ではない。こんなときだからこそできたライブになった」とコメント。

さらに、コンピュータグラフィックスを勉強中だという成瀬瑛美も「私たちの動きにリアルタイムで(映像を)合わせているVJさんたちは、すごいんだなとあらためて感じた」、藤咲彩音も「異空間に飛ばされた感じ。普通にライブしていいのかなとドキドキする」と、前回を振り返りながら期待を寄せます。

そんな特別演出や新曲3曲の初パフォーマンスをお披露目したライブ終了後、相沢は「楽しかったけど、めっちゃ緊張しちゃった! 忘れていたドキドキ感があって、ちょっと泣きそうだった」と久しぶりの公演を振り返り、成瀬は「ライブハウスのステージに立てることが喜びだもん!」と笑顔で喜びを表現。

そして最後に古川は「歌だけ(のライブ)もやったし、2マンもやったから、次回は全編バンドのライブをやってみたい」と今後の展望について述べ、この日のライブを締めくくりました。

※動画の視聴は、こちらから!

※『でんぱの神神』テレ朝動画「logirl」で配信中!詳細はこちら!

※「5G LAB」は、こちら!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事