テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

阿川佐和子、最愛の母との別れに涙。コロナ禍で“リモート面会&葬儀”を体験

10月2日(金)の『徹子の部屋』に、阿川佐和子が登場する。

3年前に63歳で“熟年結婚”し、話題となった阿川。夫は洗濯や皿洗いなど、できる家事はやってくれるが、このコロナ禍では3食すべてつくらねばならず、朝食を食べたあとすぐに「お昼は?」と聞かれると、困ってしまったという。

2020年5月、最愛の母が亡くなった。9年ほど前から認知症の症状が出はじめ、「何とかしてあげたい」との思いから、当時健在だった父・阿川弘之さんとともに母を責めてしまった時期もあった。しかし、苦しむ母を見て徐々に受け入れることができたという。

母は2020年1月頃から短期入院していたが、コロナの影響で退院も面会もできない状態が続いていた。そんなとき、海外に住む弟が“リモート面会”を提案してきた。阿川は医療関係者への負担を考え反対したが、病院側も「やってみましょう」といってくれ、実現することができたそう。

母が亡くなるときには、病室に入り最期まで寄り添った。そして、弟の希望で“リモート葬儀”も体験

コロナ時代の新しい別れの在り方について、ときには明るく、ときには涙しながら、最愛の母への想いを語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年10月2日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事