テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

玉城ティナ、初の刑事ドラマ挑戦!“美クール”に荒くれ刑事たちを締め上げる

犯人逮捕のために人生を捧げ、自分や家族との時間も投げうって捜査に突き進んできた刑事・広橋航(尾上菊之助)が、働き方改革の煽りでこれまでの刑事生活を一変。

“9時5時生活”が始まり、思いもよらなかった“アフター5”を利用して料理教室にダンス教室、オシャレな飲食店などこれまで踏み入れたことがなかった世界に飛び込んでいき、やがてそのことが事件の真相へと導いていくことに――。

これまでの刑事ドラマの主人公像を根底から覆す、10月1日(木)放送の刑事ドラマ『刑事アフター5』

今作の鍵ともなる“働き方改革”を徹底すべく、労務管理コンサルタントとして荒くれ刑事たちの勤務を“クールビューティー”にビシッと締め上げる九路五月役で、玉城ティナが出演することが決定した。

これまで影がある役や尖った少女という役どころが多かった玉城だが、『刑事アフター5』ではそれとはまったく異なった、クールに淡々としかし見事に刑事らを捌く“デキる”女に挑む。

働き方改革を進めることになった警察署に大手コンサルタント企業から派遣され、広橋をはじめ、広橋のチームの勤務状況を徹底的に管理。改善を推し進めていく。

勤務時間が1分でも過ぎればバッサリ切り上げさせ、常に効率を考え動き、時にはロボットではないかと思わせるほど一見非情な九路は、時間さえあれば捜査をしようとする広橋とはある意味“水と油”のような関係。

必然的に共に行動することが多くなるこの2人、どんなコンビぶりを見せてくれるのか?

◆実力派俳優からものまねタレントまで…個性豊かなキャストが集結

本ドラマには、“9時5時”という時間縛りに戸惑い反発しながらもアフター5に魅了されていく広橋を中心に、玉城のほか、広橋班メンバー、家族、事件関係者など個性豊かな面々が続々登場。

広橋班の刑事としては、加藤諒阿部進之介藤本隆宏と全くタイプの違う3人のキャストがそれぞれの個性を放って活躍。また、刑事部長の熊谷役に伊武雅刀という絶大な存在感でドラマを支える。

そして、広橋のアフター5をともに楽しもうとする良き妻・三菜子役を星野真里、戸惑う娘・菜花役を深尾あむが熱演。

さらに、事件の関係者で謎を秘めつつ華麗なタンゴを踊る美女・増川琴美役に北乃きい、アルゼンチンタンゴ教室の情熱的な講師・ロドリゴ田中役にパパイヤ鈴木、事件の被害者でイケメンカリスマ料理講師・越谷役に賀集利樹、越谷の交際相手・吉木さやか役におのののかと多彩なキャストが決定。

また、越谷と同じ料理教室の講師・西条エリナ役でりんごちゃんが初の本格的な演技を披露。若手からベテランまで実に個性あふれる面々がどんな物語を紡ぎ出していくのか、注目だ。

◆玉城ティナ(九路五月役)コメント

私が演じる五月は少しキャラクターぽいというか、名前も9時5時で“九路五月”ですし(笑)。すごく象徴となるような人物だなと思いました。

みんなを監視したり、セリフが強いものもあるのですが、冷たすぎて嫌われる人物にはしたくなかったので、声のトーンはあまり変えずに、でも表情など可愛らしさが出せるところは出すことを意識しながら演じました。

五月の過去も関係しているんですけど、あくまで人のために働き方を良くしていきたいという思いを抱えているので、プラスのイメージを持って演じました。あとは声のトーンの他に、瞬きあまりしないなど、動きで割と細かく肉付けしたり。

五月はとても魅力的で、ちょっとクスっとするところもあるので、そういったところがうまく出ていればいいなと思います。

今回共演させていただいた尾上菊之助さんは立ち姿が本当に美しくて、スッとされた姿が印象的でした劇中では尾上菊之助さんの後方の位置にいることが多かったので、背中に見惚れていました

捜査の時に一緒についていくシーンでは、ものすごく姿勢がよく、本当にハシビロコウみたいでぜんぜん動かないんです(笑)。私はけっこう動いちゃうので、驚きと尊敬でした。

『刑事アフター5』はいろんな要素がつまっていて、脚本を読んだときから面白いなと感じていました。これまで私はどちらかというと、ものすごく尖った役やそういった作品に携わることが多かったのですが、この作品は、家族みんなで見てほしいドラマです。

お父さんは頑張っているんだぞみたいなところも、お子さんやご家族一緒に見ていただけたら嬉しいですね。最後の最後には酔っ払っているシーンもあり…今作の撮影で一番緊張したんですけど、そういった五月のキャラクターや表情がちょっとずつ変わっていく様子も見られると思いますので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

※番組情報:ドラマスペシャル『刑事アフター5』
2020年10月1日(木)よる8:00~よる9:48、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事