テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

島崎遥香、『捜査一課長』最終話でセーラー服姿を披露!内藤剛志が“風格”を絶賛

ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と、捜査員たちの奮闘を描く木曜ミステリー警視庁・捜査一課長2020

9月3日(木)放送の最終話に、島崎遥香がゲスト出演。“カリスマ消しゴムはんこ作家”であり、“頭のなかの消しゴム”で記憶もキレイに消してしまったという、謎に満ちた容疑者を演じる

4月にスタートし、途中“テレワーク捜査会議”を経て2クールを疾走してきた本作。最終話で大岩たちが挑むのは、東京湾を周遊するレストランクルーズ船内で、アプリ開発エンジニア・中葉美智(鳥居みゆき)の遺体が見つかった事件。被害者はなぜか、“消しゴムはんこ”を握りしめたまま亡くなっていた。

捜査線上に浮かんだのは、島崎演じる、消しゴムはんこ作家“ナルミ先生”こと、松島成実。システム会社に勤める傍ら、はんこ作家として若者にカリスマ的人気を誇る成実は、頭のなかに消しゴムがあるのか、事件の記憶をまったく失っていた。

◆島崎、『捜査一課長』ファンの母に親孝行

島崎は、母親がこの『警視庁・捜査一課長』シリーズの大ファンとのことで、「今回出演させていただけると聞いて“親孝行できる!”と思い、うれしかったです」と、オファーを快諾。役作りのため、消しゴムはんこにも初挑戦した。

「先生にレクチャーしていただいたのですが、彫るときにナイフではなく消しゴムのほうを動かすのがポイントだそうで、実際にやってみると思うように動かせず難しかったです」と、最初は少々苦戦していた島崎。

しかし、すぐにコツを把握したのか、繊細な作業を進めながら、平井真琴刑事役の斉藤由貴とセリフの応酬を繰り広げる、という難しいシーンを器用にこなしていた。

◆回想シーンではセーラー服姿も披露

また、回想シーンでは制服姿も披露。島崎は7月、東京・原宿の韓国制服レンタルショップを訪れた際に着用した制服姿を自身のSNSにアップし、「かわいすぎる」と反響を巻き起こしたが、今回の撮影ではセーラー服など“正統派”の制服を身に着け、ヒロインの高校時代を熱演

「これまでの人生を辿ると、どこか悲しさを引きずって生きていて、それでも道を逸れることなく生きている力強さみたいなことも感じる女性だったので、感情を表現するタイミングを大切にしました」と、成実という人物の過去から深く見つめ、ミステリアスなキャラクターを立体的に演じきった島崎。

内藤も「島崎さんはとても演技がうまい! 落ち着いていてベテラン女優の風格も感じられました。これからますますいい女優さんになる予感がしましたね」と絶賛した。

最後に島崎は「今回は、学生時代の過去も描かれているほか、実はラブストーリーという側面もあります。成実のそういった背景に注目して見てくださるとうれしいです」とコメントした。

◆サイン入りクリアファイルプレゼント!

なお、最終話放送当日の9月3日(木)、番組公式Twitterでは、「最終回!みんなで\ #ホシをあげる /キャンペーン」を実施。

番組公式アカウントをフォローのうえ、放送中に登場する「ホシをあげる」のセリフに合わせて10分以内に「#ホシをあげる」をツイートしてくださった方のなかから、抽選で10名様に出演者サイン入りクリアファイルをプレゼント。くわしい応募方法は、番組公式HPもしくはTwitterから。

◆島崎遥香(松代成実・役)コメント(全文)

ーーお母様が本作のファンだとうかがいましたが、『警視庁・捜査一課長』シリーズへの印象は?

個人的には、いちばん最初の、“本日のご遺体は何だろう!?”と、はじまるところが好きでワクワクします。今回出演させていただけると聞いて“親孝行できる!”と思い、うれしかったです。

ーーカリスマ消しゴムはんこ作家であり、頭のなかに消しゴムがあるように事件の記憶もない…!? という謎深き役柄でしたが、演じてみていかがでしたか?

これまでの人生を辿ると、どこか悲しさを引きずって生きていて、それでも道を逸れることなく生きている力強さみたいなことも感じる女性だったので、感情を表現するタイミングを大切にしました。

ーー消しゴムはんこを彫ったことは? 消しゴムはんこに限らず、細かい作業は得意ですか?

はじめて消しゴムはんこに挑戦しました。細かい作業は得意ではないです(笑)。

実際に先生にレクチャーしていただいたのですが、彫るときにナイフではなく消しゴムのほうを動かすのがポイントだそうで、実際にやってみると思うように動かせず、難しかったです。

ーー内藤剛志さんと初共演されましたが、印象は?

私は人見知りなのですが、たくさん声をかけてくださって優しかったです。私のTikTokを見てくださったり、いろいろと調べてくださっていて、そのお気遣いも本当にうれしかったです。人生の先輩として、私もこんな素敵な人になりたいなと思いました。

ーー内藤剛志さんも「とても演技がうまい、風格もある」「いい女優さんになると思う」と島崎さんのことを絶賛されていますが、そんな言葉をお聞きになって感想は?

えええ!! そんなことを言ってくださっていたんですね! 有難いです。自分ではまったくそう思ったことがなくて常に自信がなかったので毎回大丈夫かな?と不安でいたのですが素直にうれしいですし、自信につながりました。

これからもチャンスをいただけるのであれば積極的にお芝居を続けていきたいです。また内藤さんとご一緒できるように努力していきます!

ーー撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

共演者の皆さん、スタッフの皆さん、本当に本当に優しくて、温かく迎えてくださって、こんな素敵な現場でずっとお仕事ができたら幸せだなと思いながら撮影をしていました。

ーー視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします!

今回は、学生時代の過去も描かれているほか、実はラブストーリーという側面もあります。成実のそういった背景に注目して見てくださるとうれしいです。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長2020』最終話
2020年9月3日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

※番組公式Twitterアカウントは、こちら!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事