テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

上川隆也、声優界のレジェンド・三ツ矢雄二の名ゼリフ生披露に大興奮!

「犯した罪は真っ当に裁かれなければならない」――愚直なまでに信念を貫き通す硬骨の検事・佐方貞人。そんな“ブレない男”を上川隆也が演じる人気シリーズ第5弾『検事・佐方~恨みを刻む~』が9月6日(日)に放送される。

そのオンエアを記念し、シリーズ初となる配信限定トークイベントが8月30日(日)午後9時から開催され、上川のほか、検察事務官・花岡尚子役の瀧本美織が参加。

劇中、絶妙なやりとりを披露している2人が役柄のコンビネーションそのままにとっておきの撮影秘話を語り合ったほか、声優界のレジェンド・三ツ矢雄二がスペシャルゲストとして登場。芸能界きってのアニメ好きとして知られる上川とアニメトークで盛り上がった。

◆『アニメソング総選挙』との夢のコラボに大興奮!

『検事・佐方~恨みを刻む~』は、ある目撃証言に“小さな矛盾”を感じた検事・佐方がその些細な疑問を糸口に冤罪を暴き、警察組織の深い闇に切り込んでいく骨太なミステリーだが、今回のトークイベントはドラマのPRだけでなく、上川や瀧本の素顔が垣間見えるスペシャル企画満載で行われた。

そのひとつが、『検事・佐方~恨みを刻む~』と同じ日に放送されるバラエティー『アニメソング総選挙』との豪華コラボ。ドラマのオンエア直前に放送される『アニメソング総選挙』に上川がゲスト出演する“縁”もあり、番組のジャンルを超えたスペシャルコラボが実現した。

アニメ界から声優歴50年超の“レジェンド”三ツ矢雄二が特別ゲストとして降臨。上川と三ツ矢はいちど京都駅でバッタリ出会い、挨拶を交わしたことはあるものの、仕事を共にするのは初めてとのこと。

上川は「三ツ矢さんは僕がアニメーションにいちばんハマっていた時期に大活躍されていた方。今、人気声優のみなさんはアイドルのような活動をされていますが、その走りのような存在」とリスペクトを語り、初共演に喜びをかみしめていた。

◆三ツ矢雄二が名ゼリフを生披露!

今回は、そんな上川と三ツ矢が“おうち時間で楽しめるおススメアニメベスト3”をそれぞれ発表。

上川が第1位にあげたのは、永遠の名作と名高い『ガンバの冒険』で、三ツ矢は自身が主人公・上杉達也を演じた『タッチ』をセレクト。三ツ矢は、達也がヒロイン・浅倉南に告白したときの名ゼリフも生披露し、この“贅沢なプレゼント”に上川も瀧本も思わず悶絶していた。

また、放送よりひと足早くドラマをチェックしたという三ツ矢は、「上川さん演じる佐方はクールだけどキザじゃなくて、清逸! 瀧本さんはまるで『Dr.スランプ アラレちゃん』みたいな感じで縦横無尽にちょこまか動きつつ、3枚目役に徹していらっしゃいました。そんなおふたりのコンビネーションがリズムを作ってトントンとストーリーが進み、最後の最後、“エーッ!?”というようなラストに結びつくので本当に一時も目が離せませんでしたよ!」と大絶賛。

憧れの存在である三ツ矢から賛辞を送られ、上川も「これこそ本懐です!」と大感激の面持ちとなっていた。

※番組情報:ドラマスペシャル『検事・佐方〜恨みを刻む〜』
2020年9月6日(日)夜9:00~夜10:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事