テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

自然の中にある“山小屋”風の宿には…不思議なお湯が!【秘湯ロマン“げんせん”紹介】

観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、「岩手県 山の神温泉、松川温泉を巡る旅」(2018年10月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

新型コロナウイルス感染拡大による長い自粛期間により、温泉のみならずなかなか旅行に出かけにくい期間が続いてきました。ゆっくり温泉に入りたいという人が少なくないと思いますが、まずは動画で温泉の気分を味わってみては?

◆江戸時代から湧き続ける渓谷の秘湯へ

“旅人”の秦瑞穂さんが訪れているのは、南部富士といわれる岩手山の近く。その麓に湧く秘湯を目指します。

十和田八幡平国立公園の中にある松川温泉。流れる川の音に、秦さんも「いい音♪」と喜びます。

そんな自然の中に建つ宿が、松楓荘(しょうふうそう)。

ここは、創業277年。岩手山への登山客にも愛されてきた山小屋風の宿です。

特別室「大瑠璃」に入りました。優しい木のぬくもりに、心もほっこりします。

部屋のお風呂も総檜造り。客室専用とは思えない広さで、お湯はもちろん、源泉かけ流しです。

宿の裏手から湧き出す源泉を、木の樋を使って直接部屋までひいているので、新鮮なお湯にいつでも入ることができます。

◆清流をのぞむ渓谷の混浴露天風呂も

まずは、内湯へ。杉と松でつくられたユニークな形の湯船が特徴的です。

大きな岩を挟むように板壁がはられ、男女が区切られています。源泉が湧いているのは、この内湯のすぐ裏。むかしは土木技術がなかったため、大岩を残したまま、温泉が湧くこの場所に湯船をつくるしかありませんでした。

青みがかった乳白色のにごり湯。

硫黄の強い匂いが、温泉成分の濃さを感じさせます。

つづいて、渓流沿いの混浴露天風呂へ。

この露天風呂からは、緑豊かな山々と松川の清流をのぞむことができます。

内湯は乳白色でしたが、こちらのお湯は透明。源泉は同じなのに、時間や気候によって色が変わるという不思議なお湯なんです。

そして、客室のお風呂にも入浴。ひとりではもったいないくらいの広さです。

加温も加水もなし。100%源泉かけ流しのお湯で、檜の香りに心が落ち着きます。

素朴な山あいの宿、存分に楽しむことができました。

※配信情報:『秘湯ロマン』
厳選39エピソードを「TELASA(テラサ)」「テレ朝動画」ほかで配信中!
TELASA
テレ朝動画

※本記事で紹介した「岩手県 山の神温泉、松川温泉を巡る旅」の動画はこちらから!

※記事内で紹介された宿や施設の情報は、『秘湯ロマン』公式HPからご確認ください。
(コロナウイルス感染拡大に伴う休業や営業時間の変更等については、宿・施設へお問い合わせください)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事