テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

瀧本美織、初共演の上川隆也と“バディ”に!「このコンビはお互いがいい意味でマイペース」

愚直なまでに信念を貫き通す、ブレない男・佐方貞人。そんな“硬骨の検事”を上川隆也が演じる『検事・佐方〜恨みを刻む〜』を、9月6日(日)に放送する。

本作で、主人公・佐方貞人とバディを組む検察事務官・花岡尚子を瀧本美織が熱演。上川隆也と初共演をはたした。

“佐方貞人シリーズ”第5弾となる本作で佐方が真相究明に挑むのは、ひとりの女性が逮捕された事件。ある目撃証言が事件発覚のきっかけとなったのだが、その証言に“小さな矛盾”を感じた佐方は補充捜査を開始。佐方が抱いた些細な疑問から、事件は思わぬ方向へ進み、警察組織の深い闇が浮かび上がる。

◆検事・佐方貞人×検察事務官・花岡尚子「いい意味でマイペース」なコンビ誕生

瀧本が演じる花岡尚子は、佐方付きの検察事務官。明るくポジティブな性格で、真実を明らかにするためなら労をいとわない佐方にあきれつつも、ともに捜査に奔走する。

瀧本は「尚子は誰に対しても同じようにコミュニケーションを取る性格だと思うので、人との関わりを恐れずどんどん動いていく感じで演じています」と、行動力あふれる尚子のキャラクターを体現。

佐方とのコンビネーションについても、「佐方さんは事件にまっすぐ向かっていく方なので、尚子のことをあまり気にしていなかったりするんです(笑)。尚子も尚子で自分のペースを確保しているので、佐方さんに引っ張られることもなく、このコンビはお互いがいい意味でマイペースなんです」と分析。シリアスな展開のなか、佐方と尚子の絶妙なやりとりが和やかな空気を醸し出している。

◆上川&瀧本、初共演のふたりがアドリブでやりとり

さらに瀧本は「上川さんは常に現場の皆さんを楽しませてくださり、現場はとても和やかでした。楽しくてやさしい方なので、私が突如アドリブを言っても受けて下さるんです!」と上川への絶大な信頼感を告白。

社会や組織のなかで自分の信念を大事にブレずに生きるのはときに難しいことだと思いますが、佐方さんを間近で見ていて、とても必要なことだなと感じました。佐方と尚子、ふたりのコンビネーションをぜひ楽しんでいただきたいです」と、さわやかにみどころをアピールした。

◆シリーズ初の配信限定トークイベントを実施!

最新作のオンエアを記念し、“佐方貞人シリーズ”史上初、そして主演の上川にとってもはじめての体験となる“配信限定トークイベント”を、8月30日(日)午後9時から実施する。

このイベントでは、本作と同じ9月6日(日)に放送される『アニメソング総選挙』とのジャンルを超えたスペシャルコラボが実現。声優界の“レジェンド”三ツ矢雄二が特別ゲストとして登場し、アニメトークを繰り広げるほか、視聴者から番組公式Twitterに寄せられた質問に答えるQ&Aコーナー、劇中で瀧本演じる尚子が食べた“あるモノ”にちなんで“夏スイーツ”作りに挑戦する。

この配信トークイベントに急遽、瀧本も参加することが決定。上川と息の合ったトークを繰り広げていく。

◆瀧本美織 コメント(全文)

――脚本を読んでどんな感想をもたれましたか?

細部にまで丁寧に描かれている物語で、罪を犯してしまった人はもちろん、さまざまな登場人物の感情が掘り下げてあり、とても伝わってくる脚本と感じました。

――検察事務官・花岡尚子はどんな女性だと考えて演じられたのでしょうか?

事務官として佐方さんをサポートする役割ですが、佐方さんは事件に真正面に向かっていく方なので、尚子のことをあまり気にしていなかったりするんです(笑)。尚子も尚子で自分のペースを確保しているので、佐方さんに引っ張られることもなく、このコンビはお互いがいい意味でマイペースなんです。

尚子は誰に対してもわけ隔てなくコミュニケーションを取る性格だと思うので、人との関わりを恐れず動いていくことを気にして演じました。佐方さんに対しても“とっちらかってもいいから調べてみましょう”というような柔らかさ、明るさをもって接しています。ふたりの関係性が垣間見えるシーンがたくさんちりばめられているので、事件を追いかけながら“コンビ感”も楽しんで見ていただきたいです。

――初共演された上川隆也さんの印象は?

常に現場の皆さんを楽しませてくださり、現場はとても和やかでした。上川さんは楽しくてやさしい方なので私が突如アドリブを言っても、受けて下さるんです!

今回は現場で偶然生まれること、自分も予期していないところで起きたハプニングなどがかなり反映されていて、そういうハプニングも楽しんでいこうと思いながら撮影に取り組みました。

――“ブレない男”佐方という男性についてはどう思われますか?

かっこいですよね! ここまでパーフェクトな方がいるのかと思いました。自分の思いのままに突き進む、信念がブレないところは本当に尊敬します。でもちょっと私生活を覗いてみたいですね(笑)。

――瀧本さんご自身のなかで“ここだけはブレない”と思うところは?

人の悪口を言わないことや常に感謝の気持ちをもち、それをきちんと伝える、ということ。そこは自分自身、ブレていないところかなと思います。

――視聴者のみなさまへのメッセージをお願いいたします!

社会や組織のなかで自分の信念を大事にブレずに生きるのはときに難しいことだと思いますが、佐方さんを間近で見ていて、とても必要なことだなと感じました。

この作品でも、組織と組織が対立するシーンは見ごたえがあると思います。シリアスで重いキャラクターが多いなか、明るくて少々浮いたような尚子の存在、そして佐方と尚子、ふたりのコンビネーションをぜひ楽しんでいただきたいです。

※番組情報:ドラマスペシャル『検事・佐方〜恨みを刻む〜』
2020年9月6日(日)夜9:00~夜10:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事