テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

イクメンライダーも登場!『仮面ライダーセイバー』追加キャストに平山浩行・生島勇輝ら

『仮面ライダーゼロワン』に続く、令和仮面ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー』

7月に行われた制作発表会見で、内藤秀一郎(神山飛羽真/仮面ライダーセイバー役)、山口貴也(新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ役)、川津明日香(須藤芽依役)、青木瞭(富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダ役)、富樫慧士(緋道蓮/仮面ライダー剣斬役)、岡宏明(大秦寺哲雄役)、知念里奈(ソフィア役)という主要キャスト7名をはじめ、デザインやストーリーなど作品の全貌が明らかになり、早くも大反響を巻き起こしている。

スタート前から熱い注目を集める本作で、新たに壮大な物語に加わるキャストが解禁となった。

◆モチーフは本と剣。異世界でバトルする仮面ライダー!

『仮面ライダーセイバー』は、剣と本をモチーフにしたファンタジー活劇だ

主人公は、仮面ライダーの力を手に入れた小説家・神山飛羽真。ある日突然、街の一部がぽっかりと消え、それが異世界=ワンダーワールドに出現するという現象が発生。いったい何が起きたのか混乱する人々の前に現れるのが仮面ライダーセイバーである。

聖剣を振るい、人々を元の世界へと引き戻す姿は、まさに“救世主”そのものだ。

また本作は、個性的なライダーが多数登場することも特色

ライダーたちは古来より伝承されてきたという“聖剣ソードライバー”と“ワンダーライドブック”とよばれる本によって変身し、異世界の強敵たちと激闘を繰り広げる。バトルスタイルもそれぞれ異なり、華やかなソードアクションも大きなみどころのひとつだ。

また、最新の映像技術を駆使し、ドラゴンが暮らす謎めいた異世界や剣士団の基地などを幻想的に表現。誰も見たことのない新しい仮面ライダーワールドを描き出していく。

◆物語の鍵を握る「先代の炎の剣士」役に平山浩行

Ⓒ2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

新たに発表となったキャラクターは、飛羽真の夢に登場する先代の炎の剣士。

15年前に起きた異変で、裏切り者の剣士・カリバーに立ち向かい、飛羽真を救うも生死不明となった謎の存在だ。過去の争いの真実がわかるにつれ彼が背負ったものの大きさが明らかになるという物語の鍵を握る人物となっている。

演じるのは、数々の映画・ドラマで圧倒的な存在感を発揮する平山浩行。実力と経験値を兼ね備えた平山が加入することで、『仮面ライダーセイバー』の世界観に厚みが増すことは間違いない。

◆イクメン仮面ライダー参上!生島勇輝が演じる

Ⓒ2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

さらに、 主人公・神山飛羽真/仮面ライダーセイバーの仲間となるのは、大剣を背負う最強の剣士にして、子育て真っ最中の子連れライダーという設定。15年前に裏切った闇の剣士・仮面ライダーカリバーとは親友らしく、若い剣士を見守る存在だ。

演じるのは、俳優・生島勇輝。2011年から俳優として本格的に活動をはじめ、堤幸彦監督のドキュメンタリードラマ『Kesennuma,Voices』(TBS)などで実績を積んできた。これまで仮面ライダーシリーズにはさまざまな壮年ライダーが登場してきたが、イクメンライダーは初となる。

◆“レ・ロマネスク TOBI”がストーリーテラーを怪演

Ⓒ2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

また、ストーリーテラーの役割を担う謎の存在・タッセルを、音楽ポップユニット“レ・ロマネスク”のボーカル、TOBI(トビー)が演じる。

レ・ロマネスクは、ボーカルのTOBIとコーラスのMIYAがフランス・パリで結成。“パリで最も有名な日本人”といわれるほどフランスでブレークした日本人ユニットだ。

近年は、俳優やラジオパーソナリティーなど多彩に活動。フランスの特撮ドラマ『フランスファイブ』でカマキリ怪人役を演じたこともあるTOBIが、人間なのかどうかすらわからない謎多き存在、タッセル役で怪演を見せる。

※番組情報:『仮面ライダーセイバー
2020年9月6日(日)スタート!毎週日曜午前9:00~9:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事