テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ミルクボーイ内海、本名も顔も声も知らず…“メル友”だった女性と“再会”!

各界からゲストを迎え、事前打合せをもとに、スタッフが音信不通となっている懐かしい同級生の“今”を調査し、VTRで驚きと感動の再会を実現させるあいつ今何してる?

8月12日(水)の2時間スぺシャルでは、昨年の「M‐1グランプリ」で優勝したミルクボーイが登場。今や飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らの、お笑いの先生とも言える存在と再会をはたす。

ミルクボーイが再会を希望したのは、大学時代に入っていた落語研究会で1学年上の先輩。当時からコンビを組んでいた内海と駒場は、漫才のネタを作っては、落研の会長だった落語家名“浪遊亭我呂”、通称ガロさんに見てもらっていたとか。ガロさんの適切なアドバイスでネタを練り直しては、漫才の練習に励んでいたと明かす。

大喜利だけでなく普段の発言もおもしろかったと、ミルクボーイのふたりが全幅の信頼を寄せていたガロさん。その現在を調べてみると、ある業界で超有名人になっていることが発覚する

ミルクボーイにとって13年ぶりの再会となるガロさんを調査員が訪ねると、おしゃれメガネにオーダースーツ姿と、“只者でない感”が満載。さらに数々のイケメン俳優と関わりがあることも発覚、ミルクボーイも思わずのけ反ったガロさんの職業が明らかになる。

そんなガロさんは、ミルクボーイの大学時代のエピソードに加え、人に公言することなく、ずっと活動を追っていたというふたりへの応援メッセージを寄せる。

◆「僕が当時のメル友だと知らないと思う」

今回はさらに、内海が中学3年生のとき、“メル友”だった女性との再会も。この女性とはメールだけの付き合いで、本名も顔も声も知らず、いつしか親交が途絶えてしまったとか

再会は叶うはずがないと思っていたが、収録ギリギリでスタッフが女性を見つけ出した。内海は「僕が当時のメル友だと知らないと思うので、メールのやりとりをしていたのが僕だと伝えたい」と語る。

※番組情報:『あいつ今何してる?』2時間スペシャル
2020年8月12日(水)午後7:00〜午後8:54、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事