テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

混浴の大露天風呂は、まるで池。乳白色のお湯に粉雪が舞う【秘湯ロマン“げんせん”紹介】

観ているだけで温泉気分に浸ることができ、目や耳、心まで癒される長寿温泉番組『秘湯ロマン』(隔週日曜、テレビ朝日・関東地区にて深夜3時から放送中)。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、同番組の厳選回が配信されています。

©テレビ朝日・TSP

本記事では、「TELASA」ほかで配信されている厳選回の中から、「福島県 高湯温泉、中ノ沢温泉を巡る旅」(2019年3月放送)の一部を紹介。(※記事内の情報は、番組が放送された当時のものに沿っています)

新型コロナウイルス感染拡大による長い自粛期間により、温泉のみならずなかなか旅行に出かけにくい期間が続いてきました。

ゆっくり温泉に入りたいという人が少なくないと思いますが、まずは動画で温泉の気分を味わってみては? 今回は、梅雨明けで暑さ増すいま、“涼しさ”もお届けします。

◆福島・高湯温泉で秘湯探し

“旅人”の倉澤映枝さんが降り立ったのは、東北新幹線JR福島駅。ここから山あいに湧く秘湯を目指します。

駅から車でおよそ30分。標高750メートル、吾妻連峰の中腹に8軒の宿が佇む高湯温泉に来ました。

まずは、温泉街の中心に建つ唯一の共同浴場「あったか湯」へ。

ここには、男女別の大浴場のほかに、共同浴場では珍しい貸切の露天風呂があります。

 

岩づくりの湯船にあふれるにごり湯は、源泉かけ流し。硫黄成分を多く含み、とても滑らかな肌触りです。

源泉も見せてもらうことができました。こちらは、高湯温泉の源泉のひとつです。

ここの湧出量は毎分700リットル以上で、温度は50℃前後。湧き立ては、透明なんですね。

贅沢な共同浴場を楽しむことができました。

◆開湯以来400年以上続く老舗の宿へ

旅をしたのは、真冬のこと(2019年1月下旬撮影)。吹雪のなか、高湯温泉開湯以来400年以上続く老舗の宿「安達屋」に到着です。

歴史を感じさせつつ、モダンな雰囲気も漂う館内。大きな囲炉裏が迎えてくれます。

源泉かけ流しのお湯があふれる、石づくりの大浴場へ。

湯気がさかんに立ちのぼっていて熱そうにみえますが、年間を通して42℃ほどのちょうどいい湯加減が保たれています。

 

◆名物、池のような混浴大露天風呂

そして、内湯から続く女性用の露天風呂へ。

とても広々としていますが、安達屋の代名詞ともいえる湯船は、この向こう側に…。

奥行きがおよそ30メートルもある、池のような大露天風呂です!

名物の混浴露天風呂。最初はヒザしたくらいの浅さですが、奥へ進むにつれて少しずつ深くなっていきます。

浅い所はぬるめ、深いところは42℃前後。入りやすい温度となっています。

粉雪舞う、乳白色のお湯。見ていると、温かくて涼しい、不思議な気分になります。

そして夜は、ライトアップされた幻想的な露天風呂へ。洞窟風呂へと行ってみましょう。

温泉の蒸気で、サウナのような心地よさ!

すべての宿が源泉かけ流しという高湯温泉で、にごり湯を心ゆくまで堪能しました。

※配信情報:『秘湯ロマン』
厳選39エピソードを「TELASA(テラサ)」「テレ朝動画」ほかで配信中!
TELASA
テレ朝動画

※本記事で紹介した「福島県 高湯温泉、中ノ沢温泉を巡る旅」の動画はこちら

※記事内で紹介された宿や施設の情報は、『秘湯ロマン』公式HPからご確認ください。
(コロナウイルス感染拡大に伴う休業や営業時間の変更等については、宿・施設へお問い合わせください)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事