テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

波瑠、『未解決の女』Season2実現に喜び!“ムードメーカー”は遠藤憲一「毎日面白い!」

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する未解決の女 警視庁文書捜査官

2018年4月期に木曜ドラマ枠の連続ドラマとして放送された同作がこの夏、初回2時間スペシャルという華やかな幕開けと共に待望のSeason2に突入する。

そんな『未解決の女』が7月27日(月)に制作発表リモート会見を行い、波瑠、沢村一樹、工藤阿須加、山内圭哉、皆川猿時、谷原章介、遠藤憲一、鈴木京香ら豪華キャスト陣と、Season1から脚本を手掛けてきた大森美香氏が登壇。

主演・波瑠は、「Season2があったらいいのになぁと思っていましたので、実現してうれしかったです。実は、私の周りでも『未解決の女』を楽しんでくれている人が多かったので、『あると思ってた…やっぱり!』という気持ちも少しありました(笑)」と喜びのコメント。

また、「前とは違うアプローチも芝居に組み込めたらいいな、という挑戦も含めて新鮮な気持ちで毎日撮影をしています」とSeason2への意気込みを語った。

◆波瑠「毎日とっても面白い!」、鈴木京香「個性と楽しさがパワーアップした」

「特命捜査対策室」の室長・古賀清成を演じる沢村をはじめ、濃厚キャラクターを演じる男性キャスト陣が波瑠&鈴木と展開する絶妙な掛け合いも人気となっている『未解決の女』。

そんななか、Season2からはドラマスペシャルにもゲスト出演した谷原章介が“6係の新係長”として、さらにシリーズ初登場となる皆川猿時も“イヤミ室長・古賀の補佐役”で新レギュラー参戦するが、チームワークはすでにバッチリのようだ。

会見でも、

「みんな普段はグダグダなんです(笑)。でも、本番ではきちんとスイッチを切り替える。メリハリがきいた楽しい現場です」(沢村)
「私自身も男っぽいところがありますし、この現場にはすべてのタイプのオジサンが集まっている(笑)! 新レギュラーの皆さんも加わって、個性と楽しさがパワーアップしました」(鈴木)

など、現場のいい雰囲気を伝えるコメントが次々飛び出した。

そして、キャスト陣が次々と“ムードメーカー”として名前を挙げたのが遠藤憲一。

波瑠も、「今日はいろんなことをラップで言おうとする日とか、今日は全部英語でしゃべろうとする日とか、日替わりで遠藤さんのブームがあるんです。毎日いろんな遠藤さんが見られて、とっても面白いです!」と楽しそうに証言。

そこへすかさず、いつも波瑠も一緒になって遊んでいる姿を見てきた谷原が「波瑠ちゃんとの相乗効果なんですよ! 2人で高め合っているというか、2人でズブズブとはまり込んでいるといいますか…」とツッコむと、遠藤も「波瑠ちゃんが僕の幼稚な部分に付き合って遊んでくれて、本当に感謝してます!」と嬉しそうに笑っていた。

※番組情報:『未解決の女 警視庁文書捜査官
2020年8月6日(木)スタート! 【毎週木曜】午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局
(※初回は2時間スペシャル、午後8:00~午後9:48放送)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事