テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

石丸幹二、『未解決の女』初回ゲストで視聴者を撹乱する!「体力作りしなきゃ」と思った理由

警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する新感覚の爽快ミステリー『未解決の女 警視庁文書捜査官』

8月6日(木)に初回2時間スペシャルで幕を開ける本作。第1話のメインゲストとして、石丸幹二が出演する。

第1話では、朋と理沙が“不穏な同一文言が残された2つの事件”を捜査。石丸は、事件捜査の行方を左右するキーパーソンを演じる。

日雇い労働者・幸坂達治が何者かに焼き殺されたと思われる未解決事件の発生から5年が経過した。そして新たに起こった、“一見無関係に見える殺人事件”の現場で発見された紙片。そこに書かれていたのは、幸坂の自宅にあった紙にも記されていた「もーいちど ころす しょーしたい」という文言だった…。

不可解な共通点を手がかりに捜査をはじめる朋と理沙の前に突如現れたのが、石丸演じる幸坂の従兄・岸川登。そして、幸坂の遺体を引き取るため警視庁にやって来た彼の口から、2つの事件をつなぐ“驚愕の事実”が明らかになる。

◆石丸幹二、視聴者を撹乱する芝居を披露

岸川の役どころについて「僕が演じるのはどんなキャラクターなのか、台本をいただくのが楽しみでした。と同時に、刑事モノだけに『今回は誰が走るんだろう?』と身構えました。台本を読んで…『えっ、私? なら体力作りしなきゃだ!!』と思いました」と意味深に語る石丸。

はたして、彼が劇中で明かす“事実”とは一体どんな内容で、しかもなぜ走るのか…。石丸のコメントによって、ますます謎が深まる事件の真相。これまで清廉潔白なプリンスも腹黒い悪役も見事に演じ切ってきた石丸が、視聴者を撹乱する芝居を披露する。

さらに第1話には、他にも豪華ゲストが揃い踏み。殺された日雇い労働者・幸坂達治役には、近年ヒール役での怪演が話題の宮川一朗太。幸坂の妻・克子役を、2時間サスペンスに欠かせない名バイプレーヤー・中山忍が演じる。

そして、克子と主演の座を争う新進気鋭の女優・遠山夏希役には、幅広い役柄を演じ分ける実力派女優・黒川智花。さらに夏希と不倫していた売れっ子弁護士・有田賢太郎役には作家や映画監督までこなすマルチ俳優・大鶴義丹と、濃いキャラクターたちが続々登場する。

※番組情報:『未解決の女 警視庁文書捜査官』
2020年8月6日(木)スタート! 毎週木曜 午後9:00〜午後9:54、テレビ朝日系24局
(初回は午後8:00〜9:48の2時間スペシャル)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事