テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

田中みな実、松本まりかの“あざとさ”に脱帽!弘中綾香アナ「さすが、まりか様だな!」

山里亮太(南海キャンディーズ)と、好きな女性アナウンサーランキングのTOP2を独占する、あざとい女子の二大巨頭・田中みな実&弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)。

この最強で最高の3人が“あざとさ”について語り合う『あざとくて何が悪いの?』の第3弾を、7月25日(土)に放送する。

10月からはレギュラー化も決定した同番組。今回は、第2弾に自ら志願して緊急参加し、ブラックぶりをさらけ出してくれた“あざとい男子代表”・千葉雄大も再び特別ゲストとして登場。田中&弘中アナウンサーとともに“あざとい女たち”を秒刻みで一刀両断。山里も思わず「いきなりのロケットスタート!」とのけぞった“史上最鋭の切れ味”で、視聴者を圧倒する

第3弾で取り締まるのは、外出自粛期間中にリモート飲み会などで、やりたい放題やってくれた“リモートでもあざとい女たち”。実例ミニドラマでは中村ゆりか、島崎遥香、今泉佑唯、内田真礼ら豪華女優陣が自粛期間ならではのあざといリモート飲み会やインスタライブの”あざとい女”を熱演する。

しかも、このミニドラマで描かれる女たちに触発された田中、弘中アナウンサー、千葉が、なんとセットのなかに用意されたパソコンを使い、リモート飲み会の技を再現。ここぞとばかりに、自らの“あざといリモート・テクニック”を披露する。

さらに、ミニドラマに触発された田中からは“心拍数爆上げの名言”も飛び出す。

◆田中が、その“あざとさ”に脱帽

さらに今回は、普段から“あざとさ”を極めるべく、パトロールを欠かさない我らが“あざと師匠”・田中が見つけ、「恐怖を感じた」というインスタライブも紹介。

弘中アナウンサーも「斜め上! 背徳感を感じます」と衝撃を受け、千葉も「神ですよね!」と称賛する、そのインスタライブを行っていたのは、第2弾の際に実例ミニドラマに出演してくれた女優・松本まりか。

そんな“あざとい界を揺るがす極限インスタライブ”のハイライトを放送するとともに、なんと番組スタッフが松本を直撃取材。インスタライブでのあざとさの意図について、真正面から話を聞く。

そして、松本のあざとさに魅了され、ひれ伏した田中がその技を盗むべく、モノマネを大連発する。

◆山里亮太(南海キャンディーズ) コメント

第2弾のときに田中さん、弘中さん、バーチー(=千葉雄大)のクロストークを聞いて、心の底から「すごい! “あざとい”って人を幸せにする技なんだなぁ」と思ったんです。生半可な気持ちで“あざとい”をやったら、許さないよ!――そういう3人の姿勢が、怖くもありましたね。実は、放送を見て「私の知ってる千葉さんじゃない…」と思う視聴者もいるんじゃないかと心配してたんですけど(笑)、バーチーが「楽しかった」と言ってくれて、第3弾にも来てくれたから、本当によかった…!ま、今回も心配な場面はたくさんあるんですけどね(笑)。そこも楽しみにしていただければ、と思います。

視聴者の皆さん、今回の放送を見れば、この時代ならではの人との出会い方や付き合い方が全部わかります! 最強の指南書ですよ!! さらに松本まりかさんも、あの田中みな実が我を忘れて「まりかさん自身になりたい」と言うほど、ハートを鷲掴みにするものを見せつけてくれますからね。パワーがありすぎるくらいなので、ちょっと画面から離れて見てください(笑)。

◆田中みな実 コメント

第2弾では千葉ちゃんが思いっきり本音をさらけ出してくれたことで、我々にも拍車がかかり、かなりの盛り上がりを見せました。また参戦してくれて、とてもうれしかったです。

今回は、私たちが想像もしなかったような“リモートならではのあざとい演出テクニック”が次々と紹介されます。あざといの王者、千葉ちゃんも前のめりで「あっ、これいい。頂きました!」と、たくさんメモしていたほどですから必見です(笑)。自粛期間中のリモート飲み会で、トリッキーなあざとさを目撃して、モヤモヤしていた…けど人には言えなかったというそこのあなた! 放送を見て「そうそう、これこれ! わかってくれてる!!」と共感してくださるはず。私たちとともに、心のなかにうごめいていた思いを大爆発させてください。

あと、個人的な収穫も。今回、番組内でも扱わせていただく、松本まりかちゃんのインスタライブのモノマネを習得しつつあります! まりかちゃんのインスタライブがもっともっと話題になれば、このモノマネが評価される日がくる…かも!?(笑)今夜の放送を何度も見返してブラッシュアップしていきたいです。

◆弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー) コメント

第1弾の反響もすごかったんですけど、第2弾の放送後も「面白かったよ! また見たい」と言ってくださる方々の期待を超えた感じがあったんです。だから、どんどんハードルが高くなっているな…と思い、実は密かに結構プレッシャーを感じていました。

でも、第3弾では今の社会情勢ならではの“あざとさ”を取り上げて、すごく勉強になりましたし、収録も盛り上がって…。さらにまた皆さんの期待を軽く超えたんじゃないかな、と思います(笑)。今回、とくに衝撃的だったのは松本まりかさんへの直撃取材。コメントの一つひとつが素晴らしすぎて、「さすが、まりか様だな!」って思いました。みな実さんのソックリなモノマネとあわせて、ぜひ見ていただきたいです!

◆千葉雄大 コメント

第2弾に出演させていただいたときは、素直に思ったことを多々言ってしまったので、収録直後はちょっと反省したりもしたんです。でも実際に放送されたら、周りからは「いつものバーチーだったね!」と喜んでもらい、視聴者の皆さんからも「楽しかった!」というご意見をたくさん頂いたので、結果的に悪くなかったのではないかな、と思いました(笑)。

今回は、再現ミニドラマのなかに自分でも言いたいセリフがたくさんあったし、リモートならではの効果的なシステムも知ることができて、すごく勉強になりました。もともと“あざとい言葉”のバリエーションには自信があるんですけど(笑)、システム自体ももっと利用していけばよかった…と思いました。

※番組情報:『あざとくて何が悪いの?
2020年7月25日(土)午後11:15~深夜0:05、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事