テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

霜降りせいや、大慌て!オードリー若林が「やっぱりネットに詳しいね」とツッコミ

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

7月18日(土)の放送では、霜降り明星のせいやと羽田美智子をゲストに迎え、“年俸120円の現役Jリーガー”を紹介する。

42歳のアビコさんは現在J3リーグのY.S.C.C.横浜に所属し、10代や20代に混じってプレーする正真正銘のJリーガー。

プロになったのはなんと40歳のときで、それまでは15年間普通のサラリーマンをしていたが、一念発起。昨年ついにJリーグ史上最年長デビューを達成した。

もともとアビコさんは幼い頃からプロサッカー選手を目指し、17歳で単身ブラジルへサッカー留学するほどの腕前の持ち主。ところが帰国後、大きな挫折を味わい、23歳のときにサラリーマンになることを選んでしまう。

同僚になぜプロになることを諦めたのかを聞かれるたび、理由を説明したものの、すべて真っ赤な嘘だという。

ビジネスマンとして優秀で、稼ぎも相当あったものの、30代の終わりに人生の大きな転機が訪れる。

長く本格的に運動をしていなかったため、スポーツジムに通うことにしたのだが、そこでトレーナーからの”悪魔のささやき”に、「いまの安定した生活を捨てて、プロになる!」と決意してしまったのだ。

トレーナーが”営業トーク”で言ったのに、アビコさんのやる気に火をつけた言葉が明らかになる。

◆せいや大慌て!

若い頃、アスリートとして厳しいトレーニングをしていたとはいえ、15年ものブランクがあった者がいきなりプロになるのは、実現不可能に近い話。

アビコさんはトレーナーを巻き込んで、禁断ともいえるトレーニング方法を編み出し、サッカー選手としての経験値を上げていった。

また、メンタル面では「褒められて伸びるタイプだから、褒めてもらえばとんでもない力が出る」と考え、朝晩トレーナーに「俺の体どう?」とメールを送り、毎回「最高です」という返信をもらっていたそう。

この話を聞いたオードリー若林は、「めんどくさいな。自動配信にできなかった?」とツッコみ。

「すぐ返ってきてバレます」とせいやに指摘されるが、「やっぱせいや、ネットに詳しいね」と、あの“スキャンダル”を蒸し返して笑いを取る。

ところが、事情を知らない羽田が「ごめんなさい、何の話?」と聞き返したため、せいやは「だから言っているんですよ!知らん人がまた知ることになるから」と大慌て。羽田にネット検索は「やめてください」と念を押していた

そんなトレーニングを積み重ね、ついにはトライアウトの場で年俸に関する驚きの提案をし、仮合格を勝ち取ったアビコさん。

年齢の壁をぶち破り、長年の夢を実現した熱血男の奮闘物語に注目だ。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2020年7月18日(土)午後10:10〜午後11:10、テレビ朝⽇系24局(※⼀部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事