テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「大胆に、思いっきり」で顔の印象が一変!プロが教える“SNSで映える”メイク

7月17日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV ~VOCE』では、プロによる“SNS映えメイク”が伝授されました。

教えてくれたのは、ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさん。

「SNSに写真をのせるときと普段とのメイクの違いなんて、わからない!」という人は少なくないはず。そんなお悩み女子は必見のレッスンです!

SNS映えメイク、そのポイントは?「フェイスラインがシュッと締まっていて、目鼻立ちが深い“彫り深”な感じというのがつくれると、ずいぶん写真映えします!」と長井さん。

1つ目のポイントは、「彫り深く見せる」です

さらに長井さんは、「(目や唇は)普段のメイクよりも大胆なインパクトがあったほうがいいと思う。リップラインも自分の形よりも大きく描いたり、アイシャドウも普段入れている幅より大胆にはみ出す。あまり緻密なテクニックよりも、こういうふうに大胆にしたほうが映えるよね」とのこと。

これを聞いて、番組MCの河北麻友子さんも「すごくわかります。確かにSNS用の写真のとき、結構濃くやっても写真だとちょうどいいくらいになる!」と納得です。

2つ目のポイントは、「普段より大胆にカラーを使う」

これらのポイントに絞ってメイクをすることで、SNSで映えるメイクになるという長井さん。具体的なそのテクニックを教わっていきましょう。

まずはチークから。このブラウンがかったチークにはゴールドのパールが入っており、かなりツヤが出るそう。

「これをシェーディングのように入れてもいいのだけど、チークとして使うだけでもずいぶんシャープになるので。今回はチーク使いしていきましょう!」

チークは大きめのブラシにとって、ティッシュオフしてからのせていきます。

入れる位置は?「骨格を意識するから、やっぱり丸よりも角度をつけたい。なので、頬の高くなっている部分に、その骨の上を通るような感じで!」

頬骨に押し付けるように、斜め上の方向へパウダーをのせていきましょう。さらに、ブラシでさすって光沢感を出していきます。「最初押すことで色がフィットしてくるから、だんだん粉がのってきたら、少しさするように。さすると光沢が出てきます!」と長井さん。

今回は“SNS映え”ということで、普段より自分で濃いと感じる程度まで色をのせましょう。陰影がついて、顔が小さく見えてきました。

ここから細めのブラシに持ち替えて。つける前には一度ティッシュオフを。

この筆で、眉毛の中にもパウダーを入れていきます。

そこから指で目頭へ、ノーズシャドウのようにすっと伸ばしてみてください。このひと手間で自然な陰影ができて、彫り深い目元に。

眉がほんのり赤くなったのが感じられればOK。レッドブラウンのチークで、肌がシャープに、目元も彫り深くなりました。

彫り深な立体感が手に入ったので、次は色もの。「アイカラーは、ちょっと茶色にふって。茶色を感じるレッドなので、おしゃれと目力、両方手に入ります!」と長井さん。

指で目の周りを囲んでいきます。まずはアイホール全体に伸ばしていきましょう。「一気にいかないで、まず指でトントントントンとおいてから、伸ばしていきます!」

細い指に替えて、今度は目の下側。こうして全体を赤みブラウンで囲むことで“彫り深”な目元に!

「もしつけすぎちゃったら、きれいな指でさすればぼやけると思います」とのこと。

レッド系のカラーで囲み目にしたら、さらに「ちょっと盛っていきます!」。次に使うのはこちら。角度によって、ピンクになったりオレンジになったりする偏光パールが!

「彫り深はできているから、ここにちょっと華やか要素を加えます!」と長井さん。ブラウンレッドのシャドウの上に、ブラシできらめきをプラスします。

「グラデーションになるように、ブラウンレッドを飛び越えるくらい上に。本当にさするように、ふんわりのせてみてください!」

そのまま下まぶたにもきらめきをのせて…目元の完成です!

最後はリップ。「大胆なリップラインがとれて、中もそのまま塗りつぶすことができる太いペンシルのリップです!」というのが、こちら。

リップは、「いかにはみ出せるかっていう感じだから」という長井さん。「何も塗らない前にはみ出すのって勇気がいるから、最初は中をある程度塗りつぶしちゃっていいと思う。そこから、じわじわじわじわ大きくしてみて!」とアドバイスです。

まずは、ペンシルで唇を塗りつぶしましょう。「結構みんな、ラインからとりがちなんだけど、こうやって塗ってからラインをとるっていうのはオススメ!」とのこと。

唇を塗りつぶしたら、ここからオーバーリップにしていきます。「ちょっとやそっとのはみ出しとか、緻密じゃなくて大丈夫!」ということです。

ここで緻密にやりすぎないよう、鏡を少し離して描くのもポイント。こうして唇は大きく描いたほうが、小顔に見えるそうです。

はみ出しすぎても綿棒でぼかせばOKなので、大胆に塗ってみてください。

これで、SNS映えメイクの完成です!

 

ポイントをおさえることで、顔の印象が一変しました。

「大胆に、思いっきりというのもポイントだと思う。オシャレさもあるけれど、インパクトもちゃんとある。写真に撮ってみたほうがわかると思う!」と長井さん。

あなたもSNS映えするメイクでとっておきの1枚を撮影してみては?

※これらのレッスンは、こちらから無料の動画で観ることができます(期間限定配信)

※番組情報『BeauTV ~VOCE』(テレビ朝日)
毎週金曜深夜1時50分~(※毎月最終週は休止)、最新話のキャッチアップ動画も無料配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事