テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ミキ・昴生の妻は、超かっこいい!男前伝説の数々「電話一本でコンビ結成させる」「客席で涙」

7月19日(日)の『新婚さんいらっしゃい!』は、「ミキが兄弟で暴露祭り! お兄ちゃんの新婚生活丸裸SP」をお届け。人気漫才師「ミキ」の新婚の兄・昴生と弟・亜生がリモート出演し、兄弟だから話せるディープな私生活を暴露する。

©︎ABCテレビ

◆昴生「最初クズで、ひも状態だった」

まずは妻の“まみちゃん”を似顔絵で紹介する昴生。描かれた顔はサメのようなギザギザの歯に吊り上がった目が特徴だ。桂文枝が「それは奥さん、怒るで」とコメントするが、昴生は「僕にはこう見えるんですよ。怖いから」と話す。

実は妻の尻に敷かれっぱなしだという昴生。亜生の証言によれば、帰宅後すぐに妻から「体臭いから、まず風呂入ってきて」と言われ、その上、ちゃんと体を洗っているかを確認されるそう。扉を開けたままで「洗えてない!」とビシビシ指示される昴生は「僕のことを汚物だと思っているので長時間ソファーに座らせてもらえない」と嘆く。

そんな5つ年上の姉さん女房“まみちゃん”とは、約12年前に芸人の先輩に誘われた合コンで知り合った。1年後、その先輩が営む居酒屋で再会し、「憶えてる?」と聞かれるも、まったく記憶になかった昴生は「憶えてるよ」と口裏を合わせる。

©︎ABCテレビ

そこから交際がスタート。しかし、それは実は昴生が大阪でのはじめての一人暮らしの寂しさを紛らわせるためだったとか…。亜生はそんな兄を最低だと批判しつつも、「今はガンジガラメで鎖に繋がれた状態です」と現状を明かす。

昴生も「僕は最初クズで、ひも状態だった」と自白。養ってくれていた彼女はボーナスが入ると、彼だけでなく、弟や芸人仲間を呼び、テーブルいっぱいの中華料理をご馳走してくれた

そんな超男前な彼女の恩を、昴生は仇で返す。約6年前の夏、梅田で女の子と手を繋いでいたことに端を発し、彼女に詰問された昴生。携帯電話の中身をすべて見せ悪行の数々を“自供”するも、激怒した彼女は昴生に殴りかかり、さらには亜生にも電話が入って…。

そんな当時を「芸のため」と弁解する昴生。しかし、彼女と同じ名前の山瀬まみから鋭いツッコミが飛び出し…。

◆亜生に「お前、昴生が待っとんぞ」

また、漫才コンビ「ミキ」の誕生には彼女が大きく関わっていた。

弟より4年先輩の昴生はいろいろなコンビを組んでは解散を繰り返す、鳴かず飛ばずの日々。「やめようかな」とも悩んでいたが、心のなかでは「亜生と組みたい」と思っていたそう。すると彼女が亜生に「お前、昴生が待っとんぞ。はよ、返事したれや」と電話兄弟で漫才コンビを結成することになった

そんな彼女はミキの一番のファンで、「NHK上方漫才コンテスト」で優勝した際には、わざわざ観覧応募を出して客席に駆けつけてくれた。優勝の瞬間、亜生に促され客席を見てみれば涙を流す彼女がいて…

また、今後の『M-1グランプリ』参戦については、「去年で出場するのは最後にしよう」と兄弟で話し合っていた。しかし、彼女の励ましの言葉が2人を奮い立たせたという。

◆自宅にいるときはノロケ全開の昴生

“3人目の”ミキともいうべき妻だが、兄弟からは物申したいことが。

昴生曰く「ヨメは弟への当たりがキツイ」とのこと。ミキの出演番組をすべてチェックしている彼女は、番組中に昴生がみんなに突っ込まれていると…。

兄夫婦が「何年も一緒にいるような熟年夫婦」に見えていると語る亜生。しかし、自分がいないところでは「お兄ちゃんの方が甘えている」と2人の関係を明かす。

気持ちがへこんで帰ったときは「頭なでて」と妻に甘え、「まみちゃんのこと、ほんまに好きなんで」とノロケる兄。自宅にいるときは「ずっと体を触っておきたい」と激白し、なかでも「スベスベのふくらはぎが最高」と明かすと、過去に亜生と3人で住んでいたときの仰天エピソードも披露する。

さらに、チューが一番大好きな昴生は「ヨメのあらゆるところにチューをしたい。ヨメの皮膚のどこかに唇を合わせておきたいんです」と超ラブラブ発言を放ち…。

※番組情報:『新婚さんいらっしゃい!』
2020年7月19日(日)午後午後 0:55 ~ 午後 1:25、ABCテレビ系列

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事