テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

有吉弘行、久保田直子アナウンサーにダメ出し!「この話のはじめ方で…」

番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』

7月3日(金)の放送では、「大騒ぎぐせがある」という投稿者のメールについて議論を繰り広げた。

足の小指を柱にぶつけたときや、炒めものをしていて火があがったときなど、声を出して騒いでしまうという投稿者。妻からは「そんなことでお祭り騒ぎをするな!」「騒いだって解決しないんだから」と言われるそう。

しかし、どうしても騒がずにはいられないという投稿者。この意見に「騒ぐと、痛みが取れる感じがする」と語り、投稿者の意見に共感するマツコ&有吉。

久保田直子アナウンサーは、キッチンの戸棚の扉をしめ忘れ、頭をぶつけるときがあるそうで、そんなときは「バカー!」と言って痛みを発散するという。

このエピソードトークが平凡すぎたため、マツコ&有吉からダメ出しを受ける久保田アナウンサー。なぜ、仕事が増えないのか…と、マツコ&有吉は彼女の行末を心配する。

そんな2人の不安を払拭しようと久保田アナウンサーは、「最近、ひとつ(仕事が)増えました!YouTubeをやりました!」とうれしそうに明かす。

「YouTubeやってるの?」と驚く有吉は、「今からYouTubeをはじめるなら、今人気のYouTuberじゃないものをやらないと意味がない」と語り、久保田アナウンサーに「自分にしかできないことを、やるしかない」とアドバイスする。

他の人と同じ企画だと「久保田アナウンサーよりも適任がいる」と有吉が言うと、久保田アナウンサーも「いる!」と、この意見に同意。

ライバルたちに負けないよう“久保田アナウンサーにしかできない企画”の具体例を考えるマツコ&有吉。そこで有吉が「テレ朝の人気アナウンサーを後ろから刀で襲うとかさ…」と、仰天アイデアを提案すると、さすがの久保田アナウンサーも「ひどい…」と苦笑い。

また、久保田アナウンサーの「YouTubeをやりました!」からはじまったエピソードのオチについて有吉は、「この話のはじめ方で、そのゴールだとしょぼく感じる」と、エピソードトークの組み立て方についてもダメ出し。

久保田アナウンサーは、この指摘に「おっしゃるとおり」と納得。「じゃあ、もう1回(最初から話して)いいですか?(笑)」と“泣きの1回”をお願いするが、有吉に「ダメだよ!(笑)」と断られていた。

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国
毎週金曜日 午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事