テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

堤幸彦監督、『トリック』は「幸せな環境に恵まれてはじまった」シリーズ20周年を迎え“思うこと”

自称・超売れっ子実力派マジシャンの山田奈緒子(仲間由紀恵)と、騙されやすい天才物理学者・上田次郎(阿部寛)の凸凹コンビが、超常現象や奇怪な事件の裏側に隠されたトリックの謎を解明していく――。

2000年7月に、テレビ朝日金曜ナイトドラマ枠にてスタート。堤幸彦監督が生み出した唯一無二の世界観と、蒔田光治が描いたスリリングな脚本が話題を呼び、よる11時09分からという放送時間にもかかわらず、高い支持を獲得。その後、劇場版、テレビスペシャルなど進化を遂げ、惜しまれつつも2014年公開の『トリック劇場版 ラストステージ』で幕を閉じた同シリーズ。そんな『トリック』が、2020年7月7日(火)に放送20周年を迎える。

そこで現在、ドラマシリーズ全作品および、スピンオフドラマ『警部補 矢部謙三』シリーズを配信中の動画配信プラットフォーム『TELASA(テラサ)』では、7月7日(火)よる11時09分より、2002年公開の第1弾から2014年公開の完結編までの劇場版も、見放題で配信。

さらに地上波では7月10日(金)・17日(金)の2週連続、傑作選として連続ドラマ第1シーズンから最終エピソード『黒門島』を放送。テレビ朝日のYouTubeチャンネルでは、7月7日(火)よる11時09分よりシリーズ最初のエピソード『母之泉』第1話を配信する。

またCSテレ朝チャンネル1でも、7月7日(火)よる11時より堤監督が20周年に寄せて語ったコメントとともに、監督セレクトのエピソード3本を放送する。

はたして、かくも長きにわたって愛され続ける『トリック』とは一体どんな作品だったのか?その魅力とは? 主演の仲間由紀恵、阿部寛との出会いとは? あらためて、堤幸彦監督ご本人にお聞きした。

◆たくさんの幸せな環境に恵まれてはじまったのが『トリック』

ーー2020年7月7日(火)よる11時09分に『トリック』が20周年を迎えます。シリーズを振り返って、今思うことは何でしょう?

「本当は『新しいものを作っている実感がありました』…ってなことを言えるといいんだけれども(笑)、実際はもっとがむしゃらで、“必死に遊んでいました”というのが正直なところですね。『トリック』に至るまでいろんなドラマや映画を撮らせていただきましたが、こと『トリック』に関しては、いい意味で遊ばせてもらいまして。

撮影は、完全なアドリブ。カット割りというディレクターがやる準備作業を一切せず(笑)、現場でもらった俳優の演技なりを即時的に映像にしていく。俳優やスタッフにしてみれば、とんでもなくいい加減で適当に見えることなんですけど、今思えばそれがすべていい方向に働いていたと思います」

ーーカット割りは、アングルや構図、シーンのつなぎ目などを決める重要な作業です。

「現場では目立った不満もなく…なかにはそういう声もあったかも知れないけれど、私のところには大して届かず(笑)。

苦しくても笑いながら続けることができたのは、たとえば俳優であれば、その日そのときの相手役との丁々発止のやりとりであるとか、あるいは想像だにしなかった演技の跳ね方であるとか…。“今まで世の中にあまり晒したことのない自分の姿を出したい”という(俳優としての)思いがあったからだと思うんですよ」

ーースタート以前は清楚、イケメンという印象だった仲間由紀恵さん、阿部寛さんとも新しい一面を見せ、本作を機にブレークしました。

「ただ、そういう跳ね方は端から型にはまった撮影を想定していると、なかなか出てこないんですよね。ですからエチュード(即興劇)と言いますか。演劇の稽古をしているかのように僕が思いついたことをブッ込んでいって、それにお二人が応える。

周りのレギュラー、ゲストの演者さんも楽しみながらコラボしていく。さらにはカメラ・照明など長年付き合っているスタッフチームが笑いながら、まるでドキュメンタリーを撮るかのように参加してくれたことがアドリブ撮影を可能にした大きな力となって。たくさんの幸せな環境に恵まれてはじまったのが『トリック』だったんだなと。シーズン1のエピソード1(第1~3話)『母之泉』を見返して思う今日このごろですね。

アドリブ撮影の楽しさ、おもしろさ。俳優の跳ね具合。それが14年間にわたる『トリック』シリーズの方向性を決定づけたんじゃないかと思います」

◆仲間さんの反応の速さが『トリック』がはじまった要素のひとつ

ーー当時、仲間さんは20歳、阿部さんは36歳。第一印象を覚えていらっしゃいますか?

「仲間さんが14歳のころだったかな? 地方発のドラマの企画があって。その沖縄制作のドラマで俳優デビューされたんですね。私は出身地である名古屋制作のドラマを演出したんですけど、当時プロデューサーだった笠井(一二)さんという方が『沖縄ですごい女の子を見つけた!』と絶賛されていて。

東京で“俳優になりたい”という、あまたの女性を見てきた先輩にそうと言わしめるって、どんな方だろうと思っていて。で、後にその伝説の少女とはじめてお会いすることになり。何がよかったかって言うと、とにかくレスポンスがいいんですよ。反応も速い。きっと笑いもできるなと確信をもったのも、『トリック』がはじまる要素のひとつでした。

あの会議室でのやりとりは、今でもはっきりと覚えています。そんな仲間さんが、真面目であるがゆえにおもしろい阿部さんに鋭いツッコミを入れる。楽しいドラマになるだろうな、と」

ーー阿部さんはいかがでしたか?

「阿部さんは品川にあるホテルのテラス席ではじめてお話をさせてもらって。ご本人は上田を演じるにあたり、低い声でボソボソっとしゃべるような役を作りたいと。でも、私は舞台に出られている阿部さんが好きだったので(1990年代には、つかこうへいの舞台で活躍)、『特別な個性をもつキャラクターを作りたいんです』と説明しました。

そして、仲間さんと阿部さんありきでキャラクターを膨らませた結果、笑いとミステリー・サスペンスを融合させた当時のテレビの王道とはちょっと外れたドラマを楽しくやらせてもらえた。

『やりたい!』と言っても、そんなテイストのドラマをなかなかやらせてもらえない時代でしたから、テレビ朝日さん、東宝さんの英断にも感謝したいです」

◆「あの人がこんな役で!?」というゲストを探してみてください

ーーその仲間さん、阿部さん以外にも矢部謙三役の生瀬勝久さんをはじめとしたレギュラー陣・ゲストにも豪華俳優が出演しているあたりも『トリック』の魅力のひとつですね。

「どなたが一番、印象に残っている…とは決められないのですが、たとえば“岩”の役で椎名桔平さんとか。ガッツ石松さんが(CGで)虫になってブーンと飛んでいた、とか。あり得ないキャスティングで毎週毎週、よくあんな無茶をしたな、と反省しています(笑)。

ほかにも(2010年公開の映画『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』に出演の)藤木直人さんや松平健さんなど、主役級の俳優さんから大御所まで大勢が出てくださった。みなさんこぞってやりたがる、出たがるドラマに成長していったことで、14年という長寿シリーズになったと思いますね」

ーー今回の20周年では、矢部の3代目の相棒となる秋葉原人役の池田鉄洋さんほか劇団系の知る人ぞ知る俳優や若き日の名バイプレーヤーを探すのも一興かと。

「“イケテツ(池田)”には、この間も私の作品を手伝ってもらったんですけど、今も必ず『トリック』の話になるってことは、よほどインパクトがあったんだなと。

ゲストの俳優さんにしても、よその現場でお会いすると『「トリック」、出ていただきましたよね?』という方が大勢いらっしゃって。それこそ100人じゃ足りないと思うんです。

シーズン1の最後のエピソード『黒門島』の鴻上尚史さんなんか、あの偉大なる劇作家・演出家がよくぞあんな役を引き受けていただけたなとあらためて。ほかにも浅野ゆう子さんがゲスト出演された『トリック新作スペシャル2』(2010年)では、秋元康さんがのど自慢の審査員で出ていて。陰でたこ焼きを食べているようなよくわかんない役で(笑)。

そういう『あの人がこんな役で!?』というゲストは無数にいらっしゃるので探していただきたいです」

ーーエンドロールのクレジットを見て、豪華なスタッフ・クリエーター陣に驚く視聴者も多いと思います。

「今ではスター化している木村ひさしに大根仁など、私のその場の思い付きに柔軟に対応できる優秀な演出チームに恵まれて。

ほかにも忘れられないのは、(日本アカデミー賞受賞歴もある)美術監督の稲垣尚夫さん。看板など『トリック』に出てくる文字は、ほとんどが稲垣さんのアイデアによるもので。シリーズ14年間で稲垣さんの才能を使いはたすくらいお世話になりましたね(笑)」

次回の後編では、主人公・山田奈緒子(仲間由紀恵)と上田次郎(阿部寛)の凸凹な関係、濃すぎるキャラクター、繰り出されるギャグや小ネタの数々…。どこか珍妙でありながらエッジが立った世界観が後のドラマに多大な影響を与えた『トリック』の魅力とは何か? 今回の20周年を機にはじめて見る視聴者へのガイドから、ファンが気になる今後まで。堤監督が、かく語る。

<取材・文:橋本達典 撮影:You Ishii>

※番組情報:『トリック』傑作選
2020年7月10日(金)深夜2:50〜、テレビ朝日(※関東ローカル)
2020年7月17日(金)深夜2:50〜、テレビ朝日(※関東ローカル)

※番組情報:『<まさかのトリック20周年>堤幸彦監督セレクション&インタビュースペシャル
2020年7月7日(火)よる11:00〜深夜5:00、CSテレ朝チャンネル1

動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)『トリック』特設ページ
2020年7月7日(火)よる11時09分より、2002年公開の第1弾から2014年公開の完結編までの劇場版も、見放題で配信中

『トリック』公式Webサイト

『トリック』公式Twitter(@sayonara_trick)

※YouTubeプレミア公開サイト「tvasahi YouTubeチャンネル

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事