テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

スーパー戦隊シリーズで大活躍したM・A・O、『仮面ライダーゼロワン』で友達型AIの声を担当

新作放送も再開し、クライマックスに向けてさらなる盛り上がりを見せている『仮面ライダーゼロワン』

6月28日(日)放送の第36話では、仮面ライダーゼロワン/飛電或人(高橋文哉)の新会社「飛電製作所」がはじめて生み出したオリジナル人工知能、友達型AIの“アイちゃん”が登場。その声を人気声優のM・A・Oが担当する。

◆「ぜひアイちゃんとの会話シーンにも注目していただけたら」

M・A・Oは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年2月~2012年2月放送)でゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィ役を女優・市道真央名義で熱演。また、『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017年2月~2018年2月)では、ワシピンク/ラプター283の声を担当したほか、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019年3月~2020年3月)でも騎士竜・チビガルーの声を演じるなど、計3作もの『スーパー戦隊シリーズ』に携わってきた

そんなM・A・Oが『仮面ライダー』シリーズに初参加。オファーを受けたとき、「『仮面ライダー』に出演させていただくのははじめてのことだったので、本当にうれしかったです! 人口知能の音声という役どころに関しては難しさを感じましたが、どのように演じさせていただくか楽しみでもありました!!」とワクワクに満ちた心境を告白。

今回M・A・Oが演じるアイちゃんは、ヒューマギアのように人間の形をしていない、丸いフォルムのAIユニット。機能は人間のそばにいて話を聞いてくれるだけ、というシンプルなものだが、自らの過去のことで思い悩む仮面ライダーバルカン/不破諫(岡田龍太郎)のために或人が発想、博士ヒューマギアの“博士ボット”(六角慎司)が制作した友達型AIだ。

アフレコではバランスを考えて友達型AI役に臨んだと明かすM・A・O。「アイちゃんは、人の本音や素直な気持ちを引き出して、背中をそっと押してくれるような魅力的なキャラクター。ぜひアイちゃんとの会話シーンにも注目していただけたら…」とメッセージを寄せた。

◆M・A・O(AI・アイちゃん・役)コメント(全文)

――『仮面ライダーゼロワン』出演が決まった時のお気持ちを教えてください。

『仮面ライダー』に出演させていただくのははじめてのことだったので、本当にうれしかったです! 人工知能の音声という役どころに関しては難しさを感じましたが、どのように演じさせていただくか楽しみでもありました!!

――友達型AIであるアイちゃんの魅力とは!?  また、演じるにあたって心掛けたことは?

友達型AIということで、フランクでありながらも、冷静に相手に寄り添いすぎない距離感を意識しました。客観的に話を聞きながら、核心をついたことをズバッと言ってくれる友達のようなイメージで演じさせていただきました。

――視聴者の皆さまへメッセージをお願いいたします。

アイちゃんは、人の本音や素直な気持ちを引き出して、背中をそっと押してくれるような魅力的なキャラクターだと感じました。ぜひアイちゃんとの会話シーンにも注目していただけたらうれしいです。どうぞよろしくお願いします!

※番組情報:『仮面ライダーゼロワン』第36話
2020年6月28日(日)あさ9:00〜9:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事