テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

間宮祥太朗「全裸で、釘で椅子に留められて…」真冬の山奥での衝撃体験を告白!

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

6月20日(土)の放送では、間宮祥太朗と足立梨花をゲストに迎え、“最低気温マイナス50度にもなる極寒『北極』を1万km以上歩き続けてしまったせいで、誰の助けも借りずにたったひとりで南極点に辿り着けちゃった人”を紹介する。

◆「すごい寒かった」撮影秘話

現在42歳のオギタさんは、2019年までの20年間で16回も北極に通い、最低気温がマイナス50度にもなるという、吐く息すら瞬間に凍てつく世界で、死にそうになりながらひたすら歩く北極冒険家。日本人初となる”ある大偉業”を成し遂げた人でもある。

南極と混同されがちな北極だが、南極が陸地なのに対し、北極は陸地が無く、流氷が集まっている場所。流氷ということで、人もほぼいない。

オーロラの美しさが印象的な一方、極寒に行く手を阻む乱氷(らんぴょう)、さらに巨大なホッキョクグマ…。死が隣り合わせの危険な場所にも関わらず、オギタさんは帰国して数日経つと、「また行きたくて辛抱たまらん!」という心境になってしまうとか。

その話を聞いたゲストの間宮祥太朗は、自身も「すごい寒かった」と振り返る真冬の山奥での撮影秘話を告白。

全裸で、釘で椅子に留められて、頭に特殊メイクで10本くらい刃物が刺さっているっていうシーンだった」という間宮の衝撃的な撮影エピソードに、オードリー若林らが驚愕する。

◆やめられない”北極通い”

オギタさんが最初に北極に行ったのは2000年のこと。大学3年生だったオギタさんは就活をはじめたものの、「周囲に流されるのは嫌だ」との思いにかられ、大学を中退してしまう。

その矢先、「極地冒険家」として知られる人物がテレビで北極に行く若者を募っていることを知り、「これだ!」と応募。その後、とんとん拍子に北極行きが決まった。

しかし、北極が初海外のうえ、アウトドア経験もほぼゼロ! 無謀ともいえる北極冒険は39泊40日でソリを引きながら700kmを徒歩移動するという超過酷さだった。

体力の限界を感じ、ときに命の危険すらあったものの、オギタさんはそれ以降も”北極通い”をやめなかった。

さらに2回目からはほぼ誰も助けてくれない単独冒険を選び、北極に行けば行くほど、より困難なルートを選択。多くの人が「なぜそこまで北極にこだわるのか?」と思う道を歩む。

番組では、そんなオギタさんの超マニアックな”一人北極旅”の楽しみ方やどんな危険な目に遭ったのかを聞きながら、“人類史上1人しか達成していない偉業中の偉業”を実現させた、その舞台裏を紹介する。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2020年6月20日(土)午後10:10〜午後11:10、テレビ朝⽇系24局(※⼀部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事