テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

オカリナ、人生初の快感を求めてサウナへ!黙々と追い込む彼女の姿に、有吉「『GET SPORTS』だよ」

番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』

6月19日(金)の放送では、「きょうのオカリナ 〜サウナ〜 “サウナで『ととのう』”」を放送する。

「(森三中の)黒沢さんがサウナ好きで、誘われるのでたまに行きます」というオカリナは、“ととのう”という言葉は知っているが、どういう状態をあらわすのかはわからないという。

サウナ好きがよく口にする“ととのう”という感覚。熱いサウナと冷たい水風呂による「温冷交代浴」を行うことで、極上の快感状態=“ととのう感覚”を味わうことができるのだとか。

オカリナが人生初の快感を味わうために向かったのは、関東最大級のサウナ施設「Sauna&Hotel かるまる池袋」。男性専用の施設だが、7月からは月に1度のペースでレディースデーの開催を予定している。

同番組でもおなじみの温浴施設コンサルタント・サウナ王の太田広さんが全面プロデュースする同施設には、タイプのことなるサウナと水風呂を4つずつ完備。なかでも「サンダートルネード」と名のついた強烈な水風呂があるという。

一般の水風呂の温度は16度〜18度程度。しかし、この「サンダートルネード」はつねに10度以下、しかもジェット水流で水を撹拌しているため、体に感じる冷たさが増す。

サウナ王は、サウナの高温から超低温へのジェットコースターのような落差が“ととのう”ための近道だと解説。さらに、初心者のオカリナのためにサウナ王が“ととのう”ための「至極のメニュー」を用意してくれた。

今回、万が一に備えて看護師もロケに同行、安全面にも注意して企画を進行する。

サウナ王のメニューにならって、1セット目では最上段の温度は90度の「岩サウナ」でしっかり汗をかき、かけ湯で汗を流した後、「サンダートルネード」へと向かうオカリナ。

毎年、極寒の地で寒中水泳を行う彼女には余裕に思われたが、約30秒で「寒い!」と悲鳴をあげながら浴槽の壁によじ登り一時退避。

しかし、サウナ王のメニューでは2分間つからなければならないうえ、一度頭まで潜水するという指示も…。

“ととのう”ために、四苦八苦しながら水風呂と格闘するオカリナ。高温から超低温へのジェットコースターのような落差の温冷交代浴…“ととのう”ために、黙々と自身を追い込むオカリナの姿をみた有吉は「『GET SPORTS』だよ」と思わずひとこと

はたしてオカリナは、“ととのう”ことができるのか…。

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国
2020年6月19日(金)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事