テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

有吉、マツコの“ジブリ好き”発言に驚き!「宮崎駿さんの悪口で、酒を飲んでいると思っていた…」

番組に寄せられた投稿メールや、VTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』

6月12日(金)の放送では、自分がよく見える「盛れる角度」に関する視聴者からのメールについてマツコ&有吉が議論を繰り広げた。

周りの友人はみんな「“自分の盛れる角度”を知っている」という投稿者は、“自分の盛れる角度”がわからないという。

この投稿に対して「盛ってどうすんだよ!」という有吉。“盛ること”に肯定的ではない有吉&マツコのトークを気まずそうに聞く久保田直子アナウンサーは、自分のベストアングルがあるといい「正面ではなく斜め」と自身の“盛れる角度”を解説した

番組では10代と20代の女性インフルエンサーに聞いてみたところ、数年前まで定説だった“盛れる角度”の“斜め45度”はもう古く、いまの主流は、15度ぐらいの角度でキメすぎずナチュラルに撮るのがトレンドなのだとか。

さらに、撮影の角度だけでなく、最近ではCGを駆使した“バーチャルモデル”も登場し、被写体自体が変化している。そしてこの流れが加速し、なんでもCGで代用できる時代へと突入すると、もはや人間のモデルやタレントは必要なくなるかもしれないと予想するマツコと有吉。

このSF映画のような話題に影響されたのか、有吉がマツコに「ファンタジーって好き?」と質問する

プライベートでは、ずっと妄想して生きてきたのでファンタジー系のコンテンツは好きだというマツコ。「ファンタジー映画みたいなのぜんぜん見なさそうじゃん」と有吉がツッコミを入れると、実はマツコが“ジブリ好き”であることが発覚する。

このマツコの意外な告白に有吉は、「(マツコは)宮崎駿さんの悪口で、酒を飲んでいると思っていた…」と驚きを隠せない様子。

有吉の言いがかりのような勝手なイメージを全否定するマツコは、昔は『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』が好きだったそう。しかし、この5年ぐらいで『となりのトトロ』の“深さ”が理解できるようになったという。

つづけてマツコは有吉に、どのジブリ作品が好きかを問う。

「ジブリ(の作品)はちゃんと見てますよ」という有吉は『となりのトトロ』と即答。「いまだに“まっくろくろすけ”が出てくるところで『ヒッ!』ってなる」という“トトロあるある”を明かすと、この有吉のエピソードに、マツコは満足げな笑みを浮かべながら共感していた。

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※番組情報:『マツコ&有吉 かりそめ天国
毎週金曜日 午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事