テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

伝説ギャル雑誌『egg』を復刊!仕掛け人の23歳ギャル社長が目指す“令和流ギャル文化”

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

6月13日(土)の同番組では、伝説の雑誌『egg』を復活させた奇跡のギャルを紹介した。

◆「極めるしかない! 人生かけてギャル道を」

1995年に創刊し、最盛期には発行部数50万部を誇った伝説のギャル雑誌『egg』。

ギャルたちの圧倒的な支持を得てさまざまな流行を生み出したものの、ギャルブームが下火になった2014年、廃刊。ところが2019年5月、再び雑誌として復活。一週間で完売するほどの人気を博すことに。

まさに”ギャル文化復興”ともいえるこの状況の仕掛け人こそ、ヒトミさんだ。

23歳のヒトミさんは、彼女自身も”ギャル世代”。いまでは雑誌の復活にとどまらず、『egg』誌面を制作する会社の社長を務めている。

埼玉県生まれのヒトミさんは、幼い頃から“かわいく目立ちたい”という意識が強く、当時テレビで流行っていたギャルファッションを取り入れ、小学4年生のころには全身ギャルファッションでキメるように。

校内で派手な女子たちとギャル集団を結成し、卒業式では“ギャル活”の集大成として結婚式の2次会で着るようなドレスで出席。当然『egg』も愛読し、いつしか「極めるしかない! 人生かけてギャル道を」と誓うようになった。

そして高校も『egg』の誌面で紹介されていた、埼玉で一番ギャルの多い学校に進学。その校内で自分のギャル度が一番高いとわかると、いよいよ“ギャルの聖地”渋谷に進出する。

渋谷ではギャルとギャル男たちが集まるサークル”ギャルサー”に入り、ギャルライフを満喫。自らもサークルを作って総代表を務めたり、大規模なイベントを開催したり、さまざまな経験値を蓄えていった。

だが、ヒトミさんが充実したギャルライフを楽しむ一方、世は空前のアイドルブームに。女子のあこがれはギャルからアイドルに変わり、ギャル文化はどんどん下火になっていく。

そしてついに2014年、ギャル雑誌『egg』が休刊してしまう。

◆舞い込んだ“奇跡のような仕事”

自らのバイブルでもある『egg』が休刊し、「青春が終わった」と思ったヒトミさん。

悲しみのなか、18歳を迎えたことでギャルサーも卒業しなくてはならなくなる。

さらに追い打ちをかけるように、交通事故により借金を背負うハメになり、18歳にして人生のどん底に突き落とされた。

ところが、捨てる神あれば拾う神あり。ギャルサー時代の仲間に手当たり次第に声をかけた結果、元ギャルとギャル男が社員の大半を占める広告代理店への就職が決まる。

そしてその会社で働きはじめると、奇跡のような仕事が舞い込んできた。なんと『egg』の出版元から『egg』をネット上で復活させたいという依頼を受けたのだ

「たまたま入った会社で、自分のバイブル『egg』を復活させる案件が来るなんて、運命だなと思いました」というヒトミさん。

「私の生きる道は、やっぱりギャルだ!」と熱い想いがよみがえり、プロジェクトの担当を志願。「ネット版『egg』のファンを増やし、雑誌版を絶対復活させたい!」と野望を抱きながら、一大プロジェクトに取り組むことになった。

◆ギャルサー時代の絆をフル活用!

とはいえ、ネットコンテンツも雑誌制作もまったくノウハウがなかったヒトミさん。どうやって『egg』を復活させたかというと、ギャルならではの型破りさと思い切りの良さが役立った。

まずはじめたのは、新『egg』の顔となるモデル集め。

街でスカウトしたり、オーディションで集めたりするのが普通だが、ヒトミさんはSNSでスカウト。自撮り写真をあげているかわいい子を集中的に探して声をかけた。

そして集まったモデルたちは、色白の“白ギャル”や子どものいる“ギャルママ”など、個性的なギャル10名以上。

彼女たちをモデルとして定着させるために、ギャルサー時代のコミュニケーション能力をフル活用して細やかなフォローも欠かさなかった。

つづいて行った作戦は、YouTubeでの365日ギャル動画配信。

『egg』ファンを増やすため、動画から情報を得る今どきのギャルたちにアプローチしたのだ。テーマはファッションやメイクにこだわらず、魅力的なギャルの個性を引き出すさまざまな動画を配信した。

その結果、チャンネル登録者数は増加し、『egg』ファンのすそ野もどんどん広がっていった。そしていよいよヒトミさんはツイッターでこんな宣言をする。

1週間1万リツイート達成で雑誌『egg』復刊します

すると、この宣言から2時間あまりで1万リツイートを突破。ついに念願の雑誌版『egg』を復刊することになった。

一時は絶滅までもがささやかれていたギャル文化だが、ヒトミさんの努力の甲斐あって、多くのファンが『egg』復活を待ち望んでいたのだ。

その後、ヒトミさんはスポンサー探しに奔走。ギャルサー時代のつてをたどって、元ギャル・ギャル男たちが経営するアパレルやコスメなどの社長に集中営業をかけ、多くの資金を調達した。

そして2019年5月、雑誌『egg 2019令和』を刊行。雑誌は1週間で完売するなど好評を博し、年2回の刊行が決まった。

新生『egg』は、かつての『egg』読者から「ギャル度が半減している!」という批判をもらうこともあるそう。だが、ヒトミさんは「昔のギャル文化を復活させたいというよりは、今のギャルたちのために、令和にあったギャル文化を盛り上げたい」とキッパリ。

今を生きるギャルたちのために、彼女はこれからも雑誌を作りつづけていく。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
【毎週土曜】よる10:10~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事