テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

かまいたち・山内、くりぃむしちゅーの反感を買う!過去の“ドヤ顔挨拶”を上田にバラされ…

6月10日(水)放送の『くりぃむクイズ ミラクル9』では「漢字・英語スペシャル」と題し、ベテランの辰巳琢郎をキャプテンに、2回目の登場となる山内健司(かまいたち)や小林豊(BOYS AND MEN)ら“辰巳ナイン”が、“有田ナイン”に挑む。

有田ナインには濱家隆一(かまいたち)、アンミカらが参戦。勝利者賞を賭けて、激しいクイズバトルを繰り広げる。

ファーストステージの「漢字か英語で答えて」には、初登場の濱家が挑む。濱家に対して上田晋也は、前回相方の山内が出演した際に、クイズが全然できなかったにもかかわらず、収録後に「いい仕事した」といったようなドヤ顔で挨拶に来たことを話す。それを聞いていた山内はあのドヤ顔は違う理由からだったと語り、さらに上田と有田哲平の反感を買う。

「正体を探れ!取り調べクイズ!」では、子どもが好きな職業や食べ物など3問を出題。「頼りにされている職業」を当てる問題に、濱家は最初からある答えを提案するが、有田は完全否定する。

回答権があと1回しかなくなったところで再度提案するも、有田は「言って違ったら“ほらみたことか”ってなるし、正解したら正解したで俺が謝らなくちゃいけなくなるから」となおも渋る。はたして濱家の答えは採用されるのか? そして、その結果に有田は濱家にある驚きの発言をする。

「早書き早抜けクイズ」では、最新問題「読み解け!54字の物語クイズ」が登場。シリーズ累計30万部を突破した今話題の小説『54字の物語』から出題し、人気声優・佐倉綾音が読み上げる短い物語の一部が空欄になっていて、その空欄部分を文脈やヒントを頼りに読み解いていく。

その問題の面白さから、有田は正解して早抜けすると次の問題には答えれないことに嘆く。また、ある問題に「わかった!」と早々に喜びを全身で表して自信を見せた小林。しかし、その答えにスタジオは爆笑!

そのほか「漢字でヒント!クロスワードクイズ」や、ファイナルステージでは「かん違いクイズ!自分イケますけど」に挑戦する。

※番組情報:『くりぃむクイズ ミラクル9
2020年6月10日(⽔)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事