テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

V系バンドマンが華麗なる転身!“渋谷の神”と呼ばれるカリスマエステティシャンになるまで

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

6月6日(土)の同番組では、華麗なる転身を遂げた元売れっ子ビジュアル系バンドマンを紹介した。

esthete.net

◆「僕もこんな風に美しくなりたい!」

現在37歳のヒィロさんは、驚くような美肌の持ち主。そのビジュアルの美しさは、スタジオで目撃したオードリー若林が絶賛したほどだ。

ところが、中学3年生のころの写真を公開すると、これまたビックリ。いまとはまるで違う“ぽっちゃり男子”だった。容姿を理由にいじめられ、小学5年生のころから引きこもり生活を送っていたという。

当時は1日中ネットゲームとお菓子三昧。風呂にも入らず、鏡すらめったに見ないという、美とはかけ離れた日々を送っていた。

しかし、中学3年生のとき、そんな人生に大きな転機が訪れる。

深夜のテレビ番組で、伝説的V(ビジュアル)系バンド・Janne Da Arcを目撃し、自分のなかの価値観が崩壊。心のどこかで自分が生まれ変わるきっかけを探していたヒィロ少年は、「僕もこんな風に美しくなりたい!」という願望を抱いたのだ。

こうして”ビューティーモンスター”となったヒィロ少年は、V系バンドのメンバーになることを決意。半年後の高校1年の夏には約25キロものダイエットに成功し、痩せたことで内面もポジティブに変化する。

さらに、高校を卒業するころには長髪を派手な色に染め、見た目はまさに“V系”となり、「日本一美しいバンドを創造する」という大きな目標をぶち上げた。

バンドの特徴は、楽曲ではなくとにかくビジュアル。ネットでイケメンが多い高校を検索すると、さまざまなタイプのイケメンをスカウトして理想のメンバーを集めていった。

そして20代半ばになり、やっと理想どおりの美しいバンド・ν[NEU]を結成。

©️ LOOP ASH

メンバー5人全員が美形という、驚異のバンドの誕生となった。

しかし、それだけでは満足しなかったヒィロさんは、メンバーに過酷な“美のスパルタ教育”を施すようになる。

◆ビジュアル系界の美意識を変革

ヒィロさんがメンバーたちに求めたのは、とにかく美しくあること。

常にお顔コロコロローラーを触っていろ」「お肌プルプルドリンクは浴びるように飲め」など、音楽よりも美についての教育を徹底し、ひたすら自分とメンバーの美を追求した。

そのせいで、さまざまな“トラブル”が生じたことも。

ライブの本番前に全員で“顔パック”をして開始時間が遅れたり、コロコロローラーを使い過ぎて頬がこけてしまったり、取材中にリンパマッサージをして怒られたりしたこともあったそう。

しかし、不思議なことにその理論に説得力があったのか、メンバーたちがヒィロさんに反発することはなかった。それどころか、ほかのバンド仲間たちもヒィロさんに美容のアドバイスを欲しがるようになり、ヒィロさんの美意識革命はバンドの外にも浸透していく。

みんなで美しくなりたい」というのがポリシーのヒィロさん。そのムーブメントはやがてファンの間にも広がり、いつしかファンの美容の悩みにまで答えるようになった。

そして、そんな動きと呼応するかのようにバンド自体の人気も上昇し、メジャーデビューをはたした後はシングルがオリコンランキングで5位を記録するなど、一気に売れっ子バンドへ。一時は武道館でライブを行うほど人気を博し、ν[NEU]はだれもがうらやむ成功を手に入れた。

ところが、美しさも人気も絶頂のとき、バンドは突如解散してしまう。

◆燃え尽きて解散、そして華麗なる転身!

人生の指標を失い、32歳にして無職になってしまったヒィロさん。失意のなかで、手に職をつけるために資格をとろうと考えた。

そして通いだしたのは、エステティシャンのスクール。これまでたっぷりと蓄えた美の知識をどうにか活かそうと思ったのだ。するとこの決断が功を奏し、ヒィロさんのいままでの経験がすべて活きることになる。

まずひとつめは、美に関する膨大な知識だ。

エステティシャンになるためには、美や健康につながる幅広い知識が必要だが、ヒィロさんは長年独学で美を追求していたため、たいていの知識はすでに得ていた。

さらに、ベーシストとして手や指の筋肉を動かしてきた経験も役に立った。

エステティシャン独特の指の関節を使って肌を刺激する手技を難なくマスターしたのだ。

施術だけではない。女性ひとりひとりの悩みをとらえ、アドバイスするカウンセリングについても、ファンの美の悩みを解決してきた経験を活かしてすぐに対応できた。

ヒィロさんは究極に美しいバンドを追求する過程で、知らぬ間に敏腕エステティシャンのスキルを身に着けていたのだ。

こうしてエステティシャンとして第2の人生をスタートさせたヒィロさん。開業したサロンは、たった半年で1カ月の予約が2分でいっぱいになるなど、超人気店へ成長した。

いまは“渋谷の神”と呼ばれるカリスマエステティシャンとして、女性の美を応援している。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
【毎週土曜】よる10:10~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事