テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ミラクル9』初のリモートバトル!Snow Man阿部亮平の回答に、有田哲平「ずいぶん売れたな」

5月27日(水)放送の『くりぃむクイズ ミラクル9』では、番組史上初のMCと両チームのキャプテンのみスタジオで、そのほかのメンバーはリモートで挑む「5vs5リモートバトル」をお届けする。

◆番組史上初のリモートバトル!新ゲームも登場

今回で過去17回の出演で、すべてキャプテンを務めてきた福澤朗が、Snow Man阿部亮平、新井恵理那ら知性派メンバーらを揃え、この新しいバトルに挑む。一方の有田哲平率いる“有田ナイン”も和泉元彌、トラウデン直美らの頭脳で迎え撃つ。また、劇的な展開を生む新しいクイズコーナー「ランキングバトル」にも挑む。

いつもと違う環境に戸惑いながらも、まずは「言葉探しクイズ」からスタート。先攻の有田ナインは、トラウデンが自信ありげに真っ先に答えるも、まさかの出鼻をくじくことに。「リモートでも怒りの感情は同じ」と有田から責められたトラウデンは、逃げるように隠れてモニターから姿を消す。

つづく「漢字でヒント!クロスワードクイズ」では、福澤ナインとして挑む吉村崇が「信じられないくらい無音」というリモートならではの環境に不安を口にする。しかし、回答する際には変顔を披露する心臓の強さを見せる。上田晋也が「誰もいないところで変顔してむなしくないの?」と言うと、吉村は「スベるっていう概念がないのがリモートの良さ」と、伸び伸びと回答する。

今回は、新クイズコーナー「ランキングバトル」も登場! 攻撃側とブロック側に分かれて、攻撃側のナインがあるランキングのトップ10を予想するという内容で、5人が1回ずつ答え、正解1つにつき5Pを獲得。しかし、ブロック側のナインにも1回だけ回答権が与えられ、攻撃側の答えられなかった順位の答えを正解すると、その順位より下の攻撃側が正解した順位の得点を減らすことができる。攻撃側は上位から答えて正解を埋めていかないと、大量のポイントを失う危険が!

まずは有田ナインが攻撃側で「旅行してグルメ満足度が高かった都道府県トップ10」の問題に挑戦。一方、福澤ナインが挑むのは「100年後も残しておきたい食べ物トップ10」。そこで阿部のある回答に、有田が「ずいぶん売れたな。売れたもんな、CDが!」とちゃちゃを入れる場面も。

そのほか、10人が一斉に2択クイズに挑む「目指せ全問正解!悩まし2択」や、「ドンピシャクイズ!1・2・3」などで両チームが競う。

今回は「100万円チャレンジステージ」の代わりに、勝ったチームには絶品食材の勝者賞が!

※番組情報:『くりぃむクイズ ミラクル9
2020年5月27日(⽔)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事