テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

米良美一、約1か月半の記憶なし。40代で「くも膜下出血」、昏睡と覚醒を繰り返し…

5月26日(火)の『徹子の部屋』には、歌手の米良美一が登場する。

1997年に映画『もののけ姫』の大ヒットで、一躍注目を浴びた米良。女声の音域を持つ“カウンターテナー”という存在を世に知らしめた。

今回は実に23年ぶりの登場。43歳のときに、くも膜下出血を発症。地方公演から帰京した翌朝、自宅で倒れているところを発見された。昏睡状態と覚醒を繰り返した約1か月半の記憶はまったくないという。生まれつき骨が弱く、骨折を繰り返す「先天性骨形成不全症」という難病を患っていたため、リハビリも大変だったとか。

「先天性骨形成不全症」は2~3万人に1人といわれる難病。15歳までに30回程の骨折を繰り返してきた。その難病との闘いは、経験した人にしか語れない生々しさを伴うが、明るくおちゃめな性格の米良の語り口は優しく、私たちの心にすっと入ってくる。

多くの困難を克服し、歌手として復帰した米良が、スタジオでその美声を披露する。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年5月26日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事