テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『警視庁・捜査一課長2020』初のテレワーク捜査を開始!内藤剛志「みんなで一生懸命、面白い仕掛けを考えた」

捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱いドラマを描く『警視庁・捜査一課長2020』

5月21日(木)の放送回より、シリーズ史上初の“テレワーク捜査”を開始する。

番組では4月9日(木)のスタート以来、毎週、新作をお届けしてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大により撮影スケジュールに変更が生じたため、21日(木)からは『season3』の傑作選を放送。

なんと、新たにリモート形式で撮影したテレワーク版ミニドラマを加え、『警視庁・捜査一課長 2020年特別バージョン』と題してお送りする。

ミニドラマでは、大岩一課長もステイホーム中という設定で、同じく在宅勤務となった小山田大介管理官(金田明夫)、運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)らと、番組史上初のテレワーク捜査会議を行う。

第1回目では「捜査一課のなかに殺人容疑者がいる」という情報がもたらされ、大岩はテレワーク下で捜査本部を設置。ラストに衝撃の真実が明かされる。

撮影は、なんとキャストが各自でカメラを設置して挑戦。 約40年間の俳優人生で初めて、リモート収録でのドラマ撮影に臨んだ内藤は「僕たちは日ごろから視聴者のみなさんを楽しませたいという思いでドラマを作ってきたのですが、こういう形になっても、キャストもスタッフもその心はブレないんだなと実感しました。ピンチをチャンスに変えて、いい意味でまた新たな表現方法をもらったような気がしています」と、楽しみながら前代未聞の試みにチャレンジしたことを報告。

「僕たちならではの工夫を加えて、単なる再放送とはひと味違う、『2020年特別バージョン』をお届けします。みんなで一生懸命、面白い仕掛けを考えたので、楽しんで見ていただけたらうれしいですね!」と力強く呼びかけた。

また、テレ朝公式YouTubeチャンネルと番組公式Twitterでは、内藤、金田、塙の3人がリモートで撮影したオフトーク動画を配信。ステイホーム中の過ごし方、最近ハマっていること、撮影秘話などを紹介する。テレ朝公式YouTubeチャンネルでは朝10時にロングバージョンを、番組公式Twitterでは正午にショートバージョンを配信予定だ。

なお、番組公式Twitterでは『みんなでホシをあげるキャンペーン』を実施。

番組公式アカウントをフォローし、放送中に登場する「ホシをあげる」のセリフに合わせて10分以内に『#ホシをあげる』をツイートした方のなかから抽選で10名にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントする。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長2020 2020年特別バージョン』(「season3」(2018年)第2話)
2020年5月21日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

※番組公式Twitterアカウント(@sosaichikacho)は、こちら! 

※テレ朝公式YouTubeチャンネルは、こちら! 

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事