テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

捜査内容が、想像以上に“ムチャぶり”。『警視庁・捜査一課長』シリーズを大解剖!<捜査本部編>

捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱いドラマを描く『警視庁・捜査一課長2020』。

5月21日(木)の同ドラマは、シリーズ史上初となる“テレワーク捜査会議”が始動!

「殺人容疑者が捜査一課に潜んでいる」という情報が…! ターゲットは、大岩か…? そして、大岩たちはテレワークでホシをあげることができるのか?

また、2018年に放送された同シリーズ「season3」の第2話も『警視庁・捜査一課長2020年特別バージョン』としてオンエアされる。

そして、4月の『警視庁・捜査一課長2020』放送開始以降、Twitterなどでドラマファンを中心に大好評となっているのが、コラムニスト・吉田潮氏による見どころイラスト。

今回は『警視庁・捜査一課長』シリーズを“大解剖”する1枚が届いた。

大解剖その1は、「捜査本部編」。ドラマと併せて、こちらのイラストも楽しんでほしい。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長2020 2020年特別バージョン』
「season3」(2018年)第2話
2020年5月21日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事