テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

クレーマー男性の遺体が…!苦情を聞く九条菊子(杉田かおる)が捜査線上に<警視庁・捜査一課長2020>

捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱いドラマを描く『警視庁・捜査一課長2020』。4月23日(木)、同ドラマの第3話が放送される。

©テレビ朝日

第3話では、“3割引き”のシールが貼られた遺体が見つかる。

被害者は“クレーマー”男性。彼が死の直前、言いがかりの電話をかけたのは…?

スーパーマーケットに勤務する“謝罪のエキスパート”、スゴ腕“苦情承り係”の女が捜査線上に浮かぶ!

◆第3話あらすじ

©テレビ朝日

「割引シールを貼られた遺体が見つかった」という知らせが届き、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)は団地の一室に臨場する。

後頭部を鈍器で殴られて死んでいたのは、その部屋に住む警備員の桃山辰徳(尾崎右宗)。遺体の右手には、たしかに3割引きのシールが貼られていた。

第一発見者の隣人・琴田七海(青山めぐ)によると桃山は近所でも有名なクレーマーらしく、午前中から「値引き」や「謝罪しろ」などどこかに電話をかけて大声で文句を言っている様子が断片的に聞こえたという。

そして2時間後、大きな物音がして誰かが部屋を飛び出していく気配がしたため、恐る恐る部屋を覗き込むと桃山が倒れていたと打ち明ける。

©テレビ朝日

桃山は割引シールが貼られていた商品を購入、その件でどこかの店にクレームを入れ、謝罪に来た相手とトラブルになったのではないか…!? 捜査を開始した現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)はクレーム電話の相手が近所のスーパーマーケットだと突き止める。

また、桃山は1年前警備員としてその店で働いていたこともわかった。

店長の岩並加奈(小沢真珠)やクレーム担当の九条菊子(杉田かおる)によると、桃山は前日の夕方、定価で総菜を購入したにもかかわらず、翌日になって「値引きされていなかった」とクレーム電話をかけてきたという。

しかし、菊子の電話応対で納得してくれたため、直接、謝罪に出向くことはなかったと話す。

©テレビ朝日

その矢先、真琴は店舗マネージャーの釜原巧(徳井優)から、菊子が1年前まで本部のマネージャーとしてバリバリ働いていたことを聞く。

さらに、菊子が昼休みの日課にしている“素振り”用のバットがなくなっていることもわかり…!?

なお、有名週刊誌などで連載を持つコラムニスト・吉田潮氏による『警視庁・捜査一課長2020』第3話の見どころイラストはこちら!

※番組情報:『警視庁・捜査一課長2020』第3話
2020年4月23日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事