テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

長嶋一茂、番組収録中に妻へ“公開おねだり”石原良純のおのろけに刺激され…

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象についてトークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

©テレビ朝日

4月17日(金)の同番組は、約1.5ミリの「極小ハサミ」の話題を紹介した。

◆一茂のさびしい耳掃除事情

米粒にも乗る極小ハサミを作っているのは、体内に埋め込む医療器具の製造を行う埼玉県の企業。自社の優れた技術を知ってもらうため、極小グッズを作っているのだという。

VTRを見たちさ子は、極小グッズにちなんで「ミニチュアのロボットとかあったら…」とコメント。耳掃除を嫌がる子どものために、遠隔操作で耳のなかをきれいにしてくれるミニロボットが欲しいと語った。

そんな話を受けて、良純は「子どものころ、お母さんにやってもらうのが気持ちよかった」と、耳掃除にまつわるエピソードを話しはじめる。現在は妻にやってもらっているが、気持ちよいどころか「すごい痛い」のが疑問だという。

しかし、このコメントに一茂は「半分以上おのろけに聞こえるけどね」とチクリ。

「お袋にやってもらったこともない。ましてや女房になんてとんでもない」という一茂は、散髪屋で耳掃除もしてもらっているそう。

この意外な一茂の耳掃除事情に、「(奥さんに)やってもらったらいいじゃないですか」という高橋。しかし、一茂は妻に強くお願いできない事情でもあるのか、「やってもらいたいけど、遠慮します…」と、なぜか気後れした様子だ。

それでも、高橋が「良純さんもやってもらっていることですから」とけしかけると、「じゃぁ高橋、うちの女房に『一茂さんにもやってあげて』と言って」と、まさかの“公開おねだり”を指示。

高橋は言われた通り一茂の妻に丁重にお願いしていたが、「もしかして僕、テレビの向こうの奥さんに怒られているかも…」と怖がっていた。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる7:00〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事