テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『題名のない音楽会』新MCは武内絵美アナ!「混沌とした今の状況だからこそ…」

2015年10月から約5年間『題名のない音楽会』のMCを務めてきた松尾由美子アナウンサーが、出産準備のため4月11日(土)の放送で番組を卒業。

松尾アナに代わり、4月18日(土)放送から新たに石丸幹二とタッグを組むことになるのは武内絵美アナウンサーだ。音楽の道先案内役・石丸とともに、イチオシのアーティストや番組ならではのレアな企画を通して音楽の魅力をわかりやすく紹介していく。

©テレビ朝日

武内アナの初登場となる4月18日(土)は、「本気でプロを目指す!題名プロ塾~葉加瀬太郎変 前編」を放送。ほんの一握りの人たちしかプロとして活躍できないという厳しい音楽の世界…。その第一線で活躍する音楽家が“プロ論”を伝授する。

今回は、音楽家志望者にバイオリニスト・葉加瀬太郎がアドバイス。石丸と武内アナが音楽への熱い思いを聞き出す。

◆武内絵美(テレビ朝日アナウンサー)コメント

――番組のMCに決まった時の気持ちを教えてください。

『ミュージックステーション』から16年、再び音楽番組に携わらせていただける喜びが全身を駆け抜けました。それと同時に「世界一長寿のクラシック音楽番組」で私は何ができるのだろうかと不安にも駆られました。前任者の松尾アナウンサーには指揮者の旦那様という心強い味方がいましたし…。

――すでに数回収録も終えましたが、いかがでしたか?

自分の拙さに後悔ばかりです。しかし、日本を代表する方々の演奏や歌を聴くことができて心地よい余韻が体に残っています。また、テレビから流れてくる音楽を耳にして「これはサクソフォンだな」などと楽器単位でイメージするようになりました。サックスからサクソフォンと言うようになったのも番組の影響です。

――石丸幹二さんの印象はいかがでしたか?

本来ならば私がサポートしなければいけない立場ですが、常に優しくエスコートしていただいています(笑)。音楽に関する素朴な質問にも丁寧に答えてくださいます。打合せの合間には、健康や体に関するお話をうかがったりしています。

――最後に、意気込みと視聴者の皆さんへのメッセージをお願いします。

3歳と小学3年生の母親でもあるので、背伸びをせずに、時には子供たちと同じ目線で、音楽の楽しさや一体感を伝えられたらと思っています。混沌とした今の状況だからこそ、土曜日の朝に音楽の素晴らしさをお届けするお手伝いができるよう頑張ります。

なお、松尾アナ番組出演ラストとなる4月11日(土)は、番組の人気企画「女子たちの休日」シリーズを放送。今回のテーマは和楽器。石丸と松尾アナが和楽器女子たちの実態に迫る。

※番組情報:『題名のない音楽会
【毎週土曜】あさ10:00~10:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事