テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

里見浩太朗がCMにサプライズ出演、さらに“あの芸人”も出ていた!遂に裏側密着&完全版公開【PR】

あの里見浩太朗が、キャッシュレス生活でハッピーに!――テレビ朝日で2020年2月に放送された限定CMにて、名優・里見浩太朗が“キャッシュレスリーマン”二階堂健一を熱演した。

このCM「キャッシュレスリーマン 二階堂健一」は、テレビ朝日にて1週間限定で放送された、経済産業省によるキャッシュレスを促進する事業CM。

キャッシュレスを巧みに使いこなすエリートサラリーマン・二階堂健一(里見)が、部下と乗ったタクシーで、飲み会のお会計で、また孫とのお買い物で…と、さまざまな場面で軽やかにキャッシュレス会計を済ませていく。

そして最後、可愛い孫から「じいちゃん だいすき」と書かれたお礼の似顔絵をプレゼントされ、キャッシュレス生活の快適さと幸せを実感するのだ。

孫からのプレゼントに感動しながら、「キャッシュレス、イズ、ハッピー」としみじみ口にする里見の名演がキラリと光るCMになっている。

ただし…! 里見の声自体はナレーションでずっと流れているものの、里見の顔が登場するのは、この最後の場面のみ…。

一体、なぜなのか?

◆里見浩太朗の“ダミー”は、あの芸人!

その答えは、メイキング版にあった。

じつは、里見浩太朗が二階堂健一を実際に演じているのは、顔が登場する最後の場面のみ。

では、それまでの“顔がうつらない”二階堂健一は誰が演じているのか…?

それは、ロバート・デ・ニーロのモノマネでおなじみ、お笑い芸人のテルだ。

手に持つスマートフォンや孫がおねだりするプレゼントで巧みに顔を隠しながら、二階堂健一の雰囲気を各場面で演じているのである。

そんなテルと現場で対面した里見浩太朗は、テルから挨拶されると、「あなたが(ダミー役を)やってくれたのね」と和やかに感謝。

そして、いざ“二階堂健一”になりきった里見の芝居を目にしたテルは、「重みが違いますね。芝居の」と名優の仕事に感激した様子だった。

※動画情報:
里見浩太朗のダミー役に徹するテルの様子など、CM撮影の裏側の模様をうつした動画はこちら

また、CMの完全版もこちらで公開されている。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事