テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ジャイアン役の声優・木村昴。ドイツで生まれ、日本に移住して受けた“カルチャーショック”

3月26日(木)の『徹子の部屋』には、国民的人気アニメ『ドラえもん』でジャイアンの声を14歳から15年間担当している、木村昴が登場する。

©テレビ朝日

まずはジャイアンの声で自己紹介。特技のラップで『徹子の部屋』に来た感想を披露し、黒柳は大感激する。

ドイツで生まれ、父はドイツ人オペラ歌手、母は日本人声楽家という音楽一家で育った異色の経歴の持ち主である木村。7歳で日本に移住し、父と訪れた焼き鳥屋さんでは日本語が読めず、カルチャーショックを受けたという

©テレビ朝日

女手一つで育ててくれた母はいつも一番の味方でいてくれ、声優になるときも後押しをしてくれた。母への何よりの親孝行は仕事での活躍を見せることだと言い、どんなときも支えてくれた母へ感謝の気持ちを伝える。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年3月26日(木)正午~午後0:30、テレビ朝⽇系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事